ノキア、「Lumia 620」を発表--「Windows Phone 8」搭載のローエンドスマホ

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年12月06日 10時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パリ発 -- Nokiaは現地時間12月5日、新たなローエンドの「Windows Phone 8」スマートフォン、「Lumia 620」を発表した。価格は249ドル。2013年1月に発売予定で、同製品の丸みを帯びた角と鮮やかなカラーで顧客獲得を狙う。

 Nokiaによると、Lumia 620は3.8インチのスクリーン、1GHzのデュアルコア「Snapdragon S4」プロセッサ、720pの動画撮影が可能な背面カメラ、動画チャット用の5メガピクセルの前面カメラ、近距離無線通信(NFC)テクノロジ、ラウドスピーカを搭載する3Gモデルだという。もっとも、Nokiaの設計担当エグゼクティブバイスプレジデントであるMarko Ahtisaari氏は当地開催のLeWebカンファレンスでLumia 620を披露した際、新しい本体カラーを前面に押し出している。


Lumia 620(左)とNokiaのハイエンドモデル
提供:Stephen Shankland/CNET

 Lumia 620には基本的なカラーが用意されているが、Nokiaの「デュアルショット」アプローチを採用しており、透明だが色のついたカバーを装着することで新しい色の組み合わせを作り出すことができる。

 Lumia 620の価格は249ドル(約190ユーロ)で、アジアと欧州、中東、およびアフリカで最初に出荷が開始され、その後ほかの市場でも発売される予定だ、とAhtisaari氏は述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加