logo

グーグル、「Google Maps Android API」をアップデート--アプリ内の地図表示を改善

Casey Newton (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫2012年12月04日 11時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間12月3日、「Google Maps Android API」をアップデートした。開発者がアプリケーション内で「Google Maps」を表示させる方法を改善できる新機能をいくつか提供する。

 Googleは公式ブログで次のように述べている。

 われわれは、開発者から要望の声が非常に高かった機能の多くを組み込んだ。それには以下のようなものがある。

  • Androidの「Fragments」を使用して、タブレットなど画面の大きな「Android」搭載機器向けにUIデザインをさらに動的にして柔軟性を高めることができる。
  • 「航空写真」や地図と航空写真のハイブリッド表示、「地形」「交通状況」、そして現在では多くの主要な空港やショッピングセンターの「インドアGoogleマップ」など、さらに多くのGoogle Mapsレイヤをアプリケーションに追加できる。
  • これまでより少ないコードでマーカーや情報ウィンドウを作成できる。

 Googleによると、Google Mapsを利用しているサイトは世界中で80万を超えるという。

提供: Google
提供: Google

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集