「Windows Phone 7.8」、2013年上旬の提供に向け準備中

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2012年11月29日 10時33分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Windows Phone 7.x」のアップデート版で、複数のタイルサイズをサポートする「Windows Phone 7.8」が2013年の早い時期に「可能な限り多くのデバイス」に展開される

 Microsoftは、「Windows Phone」担当チーフであるTerry Myerson氏によって執筆された米国時間11月28日のWindows Phoneブログ投稿の中で、世界中の多くの国において新しいローエンド携帯電話でWindows Phone 7.8を展開し始めていると述べた。


 しかし、自分の携帯電話で「Windows Phone 8」OSを入手できない人たちに対する和解の印として7.8を提供する計画にMicrosoftが最初に言及して以来、本アップデートの知らせを最も切望してきたのは既存のWindows Phoneユーザーだ。それらの忠実なアーリーアダプターたちは、もう少し待たなければならない。

 Myerson氏のブログ投稿には次のように書かれている。

 「皆さんがWindows Phone 7.8アップデートの入手を切望していることはわれわれも把握している。そして、われわれは同アップデートのテストと承認を行い、2013年上旬に可能な限り多くのデバイスに展開できるように、ハードウェアおよび通信キャリアパートナーと密接に連携して作業を進めている」(同氏のブログ投稿)

 筆者は以前、どの携帯電話モデルに7.8アップデートを提供するかを決めるのはハンドセットメーカーと通信キャリアだ、という話を耳にしたことがある。ただし、これらの決定がどのように下されるのかを聞いたことはない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加