logo

メールとウェブの2画面表示も--さらに進化したドコモ「GALAXY Note II」レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • GALAXY Note II

 Androidスマートフォンの人気シリーズ、GALAXYの大型ディスプレイ搭載モデル「GALAXY Note II」がNTTドコモから発売された。クアッドコアのCPUを搭載し、持ちやすくなったボディ、おサイフケータイに対応する。

メールとウェブなど2つのアプリを同時に使える「マルチウィンドウ」

  • 本体カラーはアンバー・ブラウン。分厚いクリア塗装とヘアライン加工が施される

 GALAXY Note IIの登場前、大画面好きの人がGALAXY Noteを選ぼうと思った際、同じシリーズのGALAXY S IIIと迷っていたはずだ。GALAXY Noteの利点は、大画面とペンを使う操作が手軽にできることと、7インチタブレットよりも少し小さいが軽量で、通話もできるために、GALAXY Note1つで事足りる──という点もメリットだった。

 しかし、当時はGALAXY S IIIに比べるとCPUが1世代前となってしまい、おサイフケータイにも非対応。海外では2011年から発売されていたモデルということで最新感に欠けていることも、最新ガジェット好きが手放しで選べない理由だったかもしれない。

  • 2画面表示のマルチウィンドウに対応し、上下で別々の表示が可能

 それが、“II”になってすべて解消された。海外でも発表されたばかりのGALAXY Note IIは、クアッドコアCPUを搭載し、おサイフケータイにも対応した。画面は表示画素数が若干減少したが、5.3インチから5.5インチへ大型化。ボディはわずかに横幅を抑えたため、持ちやすさがアップした。

 また、GALAXY Note IIではマルチウィンドウにも対応した。画面を上下分割し、別々のアプリを実行できる。使い方は、戻るボタンを長押しすると出てくるメニューからアプリのアイコンを掴んだまま画面の上下に持ってくると、半分が別のアプリを表示する。

 地図を見ながらウェブブラウザを表示したり、ウェブブラウザで情報を検索しながらメールを書いたりできる。しかも5.5型の大画面ゆえに2画面表示しても小さすぎて判別できないこともない。

  • 左側面には音量のアップ/ダウンボタンがあり、切欠きに爪を引っ掛けて裏蓋を開ける

  • 右側面には電源ボタンがある

  • 上部にはヘッドセットジャックがあり、コーナーにはワンセグのアンテナがある

  • 下部には、充電にも使用するMicro-USBポートと、ペンがある

  • 背面にGALAXY Note IIの印がある

  • カメラは前後に搭載。メインの後部カメラは810万画素

  • ホーム画面は3タイプ用意。これはドコモのパレットUI

  • サムスン独自のTouchWiz標準モード

  • TouchWizかんたんモードもあり、ホーム画面に3件の直接ダイヤルボタンを配置できる

-PR-企画特集