logo

アマゾンの「Kindle Fire HD」レビュー--初代「Kindle Fire」を大幅改善(後編) - (page 2)

Eric Franklin (CNET News) 翻訳校正: 石橋啓一郎2012年11月19日 07時45分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ディスプレイ

 7インチ版のKindle Fire HDは、1280×800ピクセルの解像度を持つIPS液晶画面を備えている。色はディスプレイから浮き出るようで、非常に鮮やかであり、コントラストも高い。Nexus 7の十分に素晴らしい画面と比べても、あらゆるものが若干シャープできれいに見え、極端な広角度から見ると、Kindle Fire HDの画面は明るさでも、色の統合性でも、コントラスト比でも元の状態に近かった。ピンチによるズームも素早く行うことができ、Kindle Fire HDの応答はNexus 7と同程度に速かった。

テストした仕様 Amazon Kindle Fire HD Amazon Kindle Fire Samsung GALAXY Tab 2 7.0 Google Nexus 7
最大の明るさ 394 cd/m2 424 cd/m2 379 cd/m2 288 cd/m2
デフォルトの明るさ 394 cd/m2 147 cd/m2 150 cd/m2 190 cd/m2
最大黒レベル 0.41 cd/m2 0.45 cd/m2 0.31 cd/m2 0.28 cd/m2
デフォルト黒レベル 0.41 cd/m2 0.15 cd/m2 0.12 cd/m2 0.18 cd/m2
デフォルトコントラスト比 960:1 980:1 1250:1 1055:1
最大コントラスト比 960:1 963:1 1222:1 1028:1

 Amazonによれば、Kindle Fire HDでは、タッチスクリーンセンサとLCDをガラスの1つの層で組み合わせており、これにより反射が軽減しているはずだというが、正直に言って、私はこの点では他のタブレットとの違いは分からなかった。

提供:Josh Miller/CNET
現在手に入る7インチタブレットの画面としてはベストだ。
提供:Josh Miller/CNET

ゲーム性能

 私はNexus 7とのゲーム性能の比較に、「Riptide GP」を使用した。Nexus 7で動かしたRiptide GPは、少しだが常にKindle Fire HDで動かすよりもフレームレートが高かった。このタイトルには、Nexus 7に搭載されている「Tegra 3」プロセッサ用の最適化が施されているが、私が理解する限り、これはグラフィック効果に対してであって、直接的にフレームレートに影響するものではないはずだ。

 「Asphalt 7」のようなゲームは、Kindle Fire HDでもNexus 7と同じようにスムーズに動くが、Kindle Fire HD版のテクスチャは明らかに質が低い。

 初代Kindle Fireには、多くの「Kindle Fire版」のゲームが提供されていたが、残念ながらそれらのゲームは、今のところKindle Fire HDと互換性がない。そのため、Kindle Fire HDには、ユーザーがAPKのサイドローディングでもしない限り、まだ魅力的なゲームはほとんどないと言っていい状況だ。

 プレイ可能なゲームも、PowerVR SGX540 GPUを活用しているわけではない。確かに「Angry Birds」は問題なくプレイできるが、まだKindle Fire HD版の「N.O.V.A. 3」のようなゲームは見当たらない。魅力的なゲームが早く手に入るようになることを期待したい。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]