バッファロー、写真整理は「おもいでばこ」にお任せ--大容量&無線LAN対応に

加納恵 (編集部)2012年11月15日 16時35分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 バッファローは11月15日、デジタルフォトアルバム「おもいでばこ」に新製品を発表した。内蔵HDD容量を増やしたほか、無線LAN子機を標準装備し、ネットワーク経由でのプリンタ出力や画像共有サイト「フォト蔵」との連携を実現する。

  • 「おもいでばこ PD-100S/100S-L」

 おもいでばこは、大量に撮影しても整理されず、思い出を振り返ることができないという、デジタル写真における保存の現状を踏まえ2011年に登場したデジタルフォトアルバム。新製品は取り込んだ画像をアップデートしたい、プリントまでできるようにしたいというニーズを汲み取って製品化された。

 新製品として登場するのは、HDDを容量が500Gバイトの「PD-100S」(11月下旬発売/店頭想定価格2万2800円)と1テラバイトの「PD-100S−L」(12月中旬発売/店頭想定価格2万7800円)の2機種。いずれも現行機で320GバイトだったHDD容量を増やし、無線LANに対応している。

  • 「Epson iPrint」対応のインクジェットプリンタと無線LAN経由での出力が可能になった

 エプソンの「Colorio EP-90/905A」など、ソフトウェア「Epson iPrint」対応インクジェットプリンタと組み合わせネットワーク経由でのプリントができるほか、フォト蔵にアップロードした画像をおもいでばこ経由で見ることが可能。離れて暮らす祖父母の家にあるおもいでばこからでも、最新の写真が見られるようにしたとのことだ。

  • 写真共有サイト「フォト蔵」内の画像をおもいでばこ経由で見られる

 操作系ではランダムに表示される画像の中から、気になった写真をクリックするだけで、その前後に撮影した写真などを表示できる「おもいで散策・フォーカス」機能を装備。スマートフォンとおもいでばこをワイヤレスで接続し、画像の受け渡しができたり、リモコンとして使えたりするスマートフォン用アプリも12月上旬に公開予定だ。

 アプリはiOS、Android OSともに用意され、12月中旬にはWindows PC用の「かきだし&とりこみアプリ」のリリースも計画している。

 サイズは高さ35mm×幅230mm×奥行き155mmで、重量約600g。USB HDDを接続するだけでバックアップが自動にできる機能も備える。コンテンツの取り込みはSDカードスロット、USB経由ででき、スマートフォンやPCからは無線LAN経由でも取り込み可能だ。

 保存容量は1600万画素の静止画で6万枚、映像で57時間(PD-100S-Lでは114時間)。静止画は6万枚が管理できる上限になっているとのことだ。

 バッファローでは、釣果や料理などコレクションの写真を撮りためているニーズにも注目しており、これらの写真を簡単にメモしたり仕分けたりできるスマートフォン用アプリも開発中としている。

  • 内川功一朗さんと三井公一さんのトークセッション

 発表会場では、写真家の三井公一さんとデジタル写真整理術専門家の内川功一朗さんを迎え、写真を使ったコミュニケーションや楽しみ方をテーマにトークセッションも行われた。

 三井氏は、おもいでばこを使ってテレビで見る写真の撮り方について「横位置で撮ると画面をあますところなく使えるので迫力のある写真になる。あまりものを入れ過ぎないで大胆な構図で撮影するとテレビとの相性がいい」とコメント。内川氏は「おもいでばこはすごく小さくて、テレビの下にすっきり収まってしまう。記録ではなく記憶が詰まっている」と使用してみての感想を話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加