[ブックレビュー]“ちょいワザ”文具でデスク周りの悩みを解決

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ポプラ社
詳細:新書 / 112ページ / ポプラ社 / 価格:1050円 / 著者:宇田川一美 / 発売日:2012/10/16 / 外形寸法 (H×W×D):18.4cm×10.4cm×1.8cm / 重量:0.1 kg
内容:文房具をテーマにした書籍が多数ある中で、「かわいさ」と「ちょいワザ」をテーマに据えた本書。普段使っている文房具がちょいワザを加えることで、目からウロコの新文具として生まれ変わる。
Amazon.co.jpアソシエイト

 本当に「ちょいワザ」で、身近な文具がすごい文具に早変わり。アイデアと工夫次第で、高価な専用の文具を買わなくても、実用的でかわいい道具ができあがる。デスク回りがすっきりと片付いていたり、キュートな文具に囲まれていたりするだけで、気分も良くなるから不思議だ。いつものクリップでも「そんなことにも使えるのか!」と目からウロコの試してみたいワザが満載の1冊。

 オフィスのあちこちで発生する日常的な問題を、賢い文具の使い方で、あっという間に解決するというコンセプト。「わが社のスタッフ」たちのほほえましいストーリーが、ほのぼのとしたイラストで綴られていく。そこには必ず、一工夫して使い勝手を良くしたり、本来の使い方から離れて応用したりした文具が登場する。

 たとえば、窓付き封筒を再利用したり、クリップの形を変えたり、ダブルクリップをペンホルダーにしたりと、角度を変えて見てみれば、そういう風にも使えるなという、発想の転換が素晴らしい。新書サイズの手軽な本書は、女性向けではあるが、目の付け所は男性諸氏にも参考になるはずだ。本書の最後には、手作り文具の作り方も紹介されているので、少しの空き時間でトライしてみるときっと楽しいだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加