logo

LinkedIn、好調な第3四半期決算を発表--アナリスト予想を上回る

Paul Sloan (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 福岡洋一2012年11月02日 10時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 会員1億8700万人を擁するビジネス向けネットワーキングサイトのLinkedInが報告した2012年第3四半期の利益は、ウォール街の予想をやすやすと上回った。同社は2012年通期の売り上げ見通しも上方修正した。

 LinkedInは全体として力強い成長を見せ、売り上げは前年同期比81%増の2億5200万ドルとなった。アナリストは売り上げを2億4400万ドルと予想していた。純利益も前年同期比で増加し、1株あたりの利益は22セントと、ウォール街の予想の2倍に達した。

 LinkedInの最高経営責任者(CEO)を務めるJeff Weiner氏は声明で、次のように述べた。「LinkedInは力強い第3四半期を達成し、当社の鍵を握る業績および財務指標はすべて堅調な成長を示している。ここ数カ月は、当社の歴史において製品開発の最も重要な期間となった」

 LinkedInで最も力強い伸びを示しているのは、同社が「Talent Solutions」と呼ぶサービスで、ここではヘッドハンターなどが人材を探せるよう支援する製品への課金で利益を得ている。以前「Hiring Solutions」と呼んでいたTalent Solutionsによる売り上げは、前年同期比95%増の1億3840万ドルとなり、LinkedInの総売上高に占める割合は前年同期の51%から55%に増加した。

 その他の分野については以下の通りだ。

  • Marketing Solutions:売上高は前年同期比60%増の6400万ドルとなった。この分野は、総売上高に占める割合が前年同期の29%から25%に縮小した。
  • Premium Subscriptions:サブスクリプションの売り上げは前年同期比74%増の4960万ドルで、LinkedInの総売上高の20%を占めている。この割合は前年同期と変わらない。

 2012年通期の売り上げ予測についても、LinkedInはこれまでの9億1500万~9億2500万ドルから9億3900万~9億4400万ドルに上方修正した。

提供: LinkedIn
提供: LinkedIn

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集