logo

東芝、新スタートメニュー採用でわかりやすい「REGZAブルーレイ」

加納恵 (編集部)2012年11月01日 18時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は11月1日、BDレコーダー「REGZAブルーレイ」にトリプルチューナ機「DBR-T360/T350」と、ダブルチューナ機「DBR-Z320/Z310」を追加した。11月20日に発売する。

  • 写真上から「DBR-T360/T350」

 従来文字と小さなアイコンで表示されていたスタートメニューを文字とイラストによるデザインに刷新。使いたい機能が見つかりやすく、直感的に操作できるようにしたとしている。

  • 写真上から「DBR-Z320/Z310」

 あわせて使用頻度の高い「録る」「見る」の機能を中心に据えた「簡単モード」も装備。通常のスタートメニューと好みに応じて切り替えることで、迷わず操作ができる。

 いずれもUSB HDD接続に対応し、最大4台まで同時接続することが可能。USB HDDに録画した番組をBDやDVDに直接ダビングすることもできる。

 T360/T350は3番組、Z320/Z310は2番組の同時録画に対応し、同時録画中に本編と本編以外の間を自動チャプタ分割することも可能。「スカパー!プレミアムサービスLink」も備え、対応チューナがあれば、スカパー!HD録画もできる。

 REGZAブルーレイ内に録画した番組や現在番組をタブレットやスマートフォン、テレビなどに転送、配信できる「レグザリンク・シェア」も装備。別売の無線LANアダプタ「D-WL1」(11月20日発売、店頭想定価格:5000円前後)を使えば、ワイヤレスで番組配信ができる。

  • DBR-T360(HDD:2テラバイト、店頭想定価格:11万円前後)
  • DBR-T350(HDD:1テラバイト、店頭想定価格:9万円前後)
  • DBR-Z320(HDD:1テラバイト、店頭想定価格:7万5000円前後)
  • DBR-Z310(HDD:500Gバイト、店頭想定価格:6万5000円前後)
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集