スリムベゼルを採用したORION製液晶テレビ--32型で4万円

加納恵 (編集部)2012年10月25日 18時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ORION「スリムべゼル」採用のDNシリーズ

 ドウシシャは10月25日、ORIONブランドの液晶テレビ「DNシリーズ」に24型の「DN243-1B1」と32型「DN323-1B1」を発表した。スリムベゼルを採用し、従来タイプに比べ13%のサイズダウンを実現している。発売は11月初旬。店頭想定価格は24型が3万円前後、32型が4万円前後になる。

 DNシリーズは、すでに29型、39型の2機種を発売しており、今回の登場で全4ラインアップになる。光沢のあるスリムフレームが特長で、同じ画面サイズの従来タイプに比べると13%のサイズダウンを実現しているとのこと。これにより、同じスペースでも一つ大きなサイズのテレビを設置できる。

 地上、BS、110度CSデジタルチューナを1基搭載し、USB HDDを接続すれば番組録画にも対応。録画済み番組は付属のリモコンを使って、再生、停止などの操作が可能だ。HDMI端子2系統、D4映像端子1系統などの入力端子を備える。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加