「iPad mini」がタブレット市場に与える影響--アナリストの予測

Roger Cheng (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2012年10月25日 11時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleの小型で低価格の「iPad mini」によって、自社の製品をあらゆる消費者の手に渡すという同社の目標達成が早まることになるかもしれない。

 価格は329ドルからで、7.9インチのディスプレイを搭載するiPad miniは、Appleの消費者基盤を大幅に拡大する。また、高い利益を上げている「iPhone」、さらに「MacBook」や「iMac」のシリーズが十分に成熟している中で、同社に新たな成長分野を与えることになる。iPad miniは、より大型の「iPad」よりも34%安い価格で販売される予定だが、同時にAmazonの「Kindle Fire HD」やGoogleの「Nexus 7」といったほかの競争相手に警告を与えている。

 初代iPadは、タブレットの見た目や機能を再定義し、かつてのニッチ分野をAppleの大ヒット製品に変えた。iPad miniは革命的であるとはとても言えず、実際には、新たに登場してきたほかの低価格タブレットに対抗するためのものだ。しかしそれでも、iPad miniはタブレットの位置付けを、ぜいたくなガジェットからメインストリームの製品へと変える可能性がある。

 Infonetics ResearchのJulien Blin氏は、「329ドルという価格で、より多くの人々がタブレット市場に流れ込むことが予想される」と述べている。

 少なくともiPad miniは、タブレットビジネスでのAppleのリードを広げると考えられている。同社がタブレット市場に占めるシェアは既に、ライバル企業のシェアを合計したものを上回っている。だが、「Android」がそれを急速に追い上げている。

 Gartnerによれば、世界市場での2012年のAppleのシェアは53%になると予測されており、Androidは41%だという。Gartnerは、Androidが2013年にこの差をさらに詰めると予測している。1年前、Appleのシェアは61%、Androidのシェアは34%だった。

 Androidのシェア拡大は、サムスンの「GALAXY Tab」や「GALAXY Note」シリーズ、ASUSの「Transformer」タブレット、Google独自の「Nexus 7」を含む、さまざまなベンダーの製品を背景に実現したものだ。Amazonは自社の「Kindle」タブレットに、高度に改造したAndroidを使った。

 iPad miniは、主に低価格タブレットに起因するAndroidの勢いを止めるかもしれない。より手ごろな価格のタブレットに関するAppleの試みは、予算を気にする消費者や、より小型でポータブルなデバイスを探しているが、以前はiPad以外の選択肢を考えなければならなかった人々にとっては魅力的だろう。

 Raymond JamesのアナリストのTavis McCourt氏によれば、12月のiPad miniの販売台数は500万台になる見通しだという。

売るための価格設定

 Appleの329ドルという開始価格は、同社の定番の戦略に沿ったものだ。それは、自社の製品に競争相手よりも特別に高い価格を付けることで、市場の低価格帯を避け、人々が妥協の末に手に入れるものではなく、ぜひ買いたいと思う製品としてのイメージを保つという戦略だ。

 それに対して、初代「Kindle Fire」のアップデート版の価格は159ドル、Kindle Fire HDは199ドルからだ。GoogleのNexus 7(製造はASUS)も199ドルである。ただし、メモリを増やし、セルラー接続に対応したアップデート版(値段も高くなる)が、Googleが来週開催するイベントで発表される見込みだ。Barnes & Nobleは、7インチの「NOOK HD」を199ドルで販売している。


新しい「iPad mini」。
提供:James Martin/CNET
  • このエントリーをはてなブックマークに追加