デル、個人向けPC新モデル--画面の回転機構を備えたウルトラブックなど

エースラッシュ2012年10月23日 18時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デルは10月23日、最新OS「Windows 8」を搭載した個人向けPCの2012年冬モデルとして、12.5型ワイド液晶搭載ウルトラブック「XPS 12」など5モデルを同日から販売開始した。

 XPS 12は、画面を回転させるだけで簡単にノートPCからタブレットへ切り替えられる、1920×1080ドット表示の12.5型ワイドタッチパネル液晶を搭載したウルトラブックだ。液晶のベゼル部分には“枠”が取り付けられており、枠の左右にある軸を中心に液晶を回転させる、非常にユニークな機構を備えている。

 BTOに対応しており、主なスペックはCore i5-3317U/i7-3517U、4Gバイト/8Gバイトメモリ、128Gバイト/256GバイトのSSDなど。本体サイズは高さ20.0mm×幅317.3mm×奥行き215.4mmで、最少構成時の重量は約1.52kg。バッテリ駆動時間は最大約6時間となっている。同社直販サイトでの価格は9万9979円から。

 3月に発売されたウルトラブック「XPS 13」は、今回「New XPS 13」として進化を遂げている。CPUにCore i5-3317U/i7-3517Uを新採用したほか、インテルのHD4000 グラフィックスを搭載。処理速度の向上を図りながらも、薄型・軽量ボディは継承している。本体サイズは高さ6mm(最厚部18mm)×幅316mm×奥行き205mmで、最少構成時の重量は約1.36kg。バッテリ駆動時間は最大9時間6分だ。同社直販サイトでの価格は9万9979円から。

 「Inspiron 15z」は、1366×768ドット表示の15.6型ワイド液晶を備えたウルトラブック。液晶はタッチパネル対応も選択可能。主なスペックはCore i3-3217U/i5-3317U/i7-3517U、最大8Gバイトメモリ、最大500Gバイト+32GバイトのmSATAフラッシュメモリ/最大256GバイトのSSD、HDグラフィックス 4000/NVIDIA GeForce GT630M(2Gバイト)などから選択できる。

 最小構成時の本体サイズと重量は、HD液晶モデルが高さ20.9(最厚部21.0mm)×幅382mm×奥行き250mmで約2.17kg、タッチパネル液晶モデルが高さ23.0mm×幅382mm×奥行き250mmで約2.46kg。同社直販サイトでの価格は5万4980円から。カラーはムーンシルバーとファイアレッドの2種類だ。

写真 (左から)XPS 12、New XPS 13、Inspiron 15z
※クリックすると拡大画像が見られます

 2012年冬モデルでは、27型ワイド液晶一体型モデル「XPS One 27」、23型ワイド液晶一体型モデル「Inspiron One 2330」のオプションでタッチパネルが選択可能になっている。

デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加