ブラシの豊富さが魅力--高機能なペイントiPhoneアプリ「Sketch Club」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Sketch Club
価格: 300円(2015年03月14日時点)
おすすめ度:

4.0

  • 開発:Jim Scott
  • カテゴリ:エンターテイメント

 Sketch Clubは、iPhoneとiPadの両方で利用可能な高機能ペイントアプリだ。Sketch Clubのフォーラムで、ユーザー同士の交流ができる点がウリだが、もちろん交流しなくてもかまわない。ブラシの種類も多く、円や長方形などを簡単に作成できる機能もあるため、仕事のアイデア出しやプレゼンで使うイラスト描きなどに使える。JPGやPNG形式のほか、PSD形式でレイヤーごと書き出せるのも便利だ。

  • iPhoneの狭い画面でも、ブラシやペンなどの質感を十分に感じられる。新規ファイルの作成は、右下のアイコンをタップして「New」を選択する

 Sketch Clubの起動直後は、真っ白なキャンバスが表示されている。画面下部中央にあるペンアイコンをタップすると、使えるツールの一覧が表示されるので、BrushやPenなどのツールを選択しよう。キャンバスに通常の状態で描く場合は「Over」、色を塗ったところに重ねて描く場合は「On」、消去する場合は「Erase」を選択する。次に、ペンアイコンの右隣にあるスライダーのアイコンをタップすると、選択しているツールに合わせて、設定項目が表示されるので、好みの太さや効果を選択する。色を変更する場合は、スライダーアイコンの右隣のアイコンをタップすると、自由に選択できる。

 ツールの種類はたくさんあり、ブラシや鉛筆の質感、太さ、強さなどの設定項目も多い。好みの設定が見つかるまで、いろいろと試してみる必要がある。また、レイヤーにも対応している。画面左下のアイコンをタップすると、レイヤーが表示される。レイヤーの数は8枚で固定だ。レイヤーの表示/非表示の切り替え、レイヤーの結合、背景画像の読み込み、透明度の設定など、かなり細かい設定が可能だ。

  • ペンアイコンをタップすると表示されるツール一覧。目的のツールを選択して「Done」をタップする

 描いた絵を保存するには、画面右下のアイコンをタップし、「Save」→「New slot」を選択する。保存した絵を読み込む場合は、「Load」から目的の絵をタップする。この画面右下のアイコンは重要だ。このメニューから、ファイルの新規作成、保存、削除、コミュニティへの参加、メール送信、SNSへの投稿などを行う。「Recording」→「Begin」→「Record」の順にタップすると、描画の録画が可能だ。録画が終わったら、iPhoneに入っているDRMフリーの音楽をBGMに設定してエクスポートすることもできる。手順を録画して説明に使ったり、プレゼンの一部として使ったりすると効果的だろう。

 iPadには高機能なペイントソフトがたくさんあるが、iPhoneには、ここまで高機能なものは少ない。思ったように描画するには、設定の調整が必要だが、手のひらサイズの画面で多種類のペンと色を使って描けるメリットは大きい。また、iPhoneとiPadの両方に対応しているため、一度インストールすれば、状況に応じて使い分けができる。

  • ブラシを選択した場合、ブラシの種類と効果を設定できる

  • テキストツールでは、あらかじめ登録したテキストをスタンプのように転がして描くことができる

  • 画面下部の右から2番目のアイコンをタップすると、線で描画できる形や鏡越しに見えるような線を描くための設定が可能

  • レイヤーにも対応している。「Load image」では、カメラロールの写真のほか、他のユーザーが公開しているテクスチャや背景画をダウンロードして使用できる

  • Sketch Clubのコミュニティにアップロードして共有したり、FacebookやTwitterなどにアップロードして楽しめる

  • 描画を録画して、音楽を付けて公開できる。DRMフリーの音楽であれば、iPhoneに入れてある音楽から選択可能

>>Sketch Clubのダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

iPhoneの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加