logo

レノボのWindows 8モデル--360度開くウルトラブックと分離型タブレット

佐藤和也 (編集部)2012年10月19日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レノボ・ジャパンは10月18日、コンシューマ向け新製品発表会を実施した。Windows 8搭載のウルトラブック「IdeaPad Yoga 13」とタブレット「IdeaTab K3011W」のラインナップを発表した。

「時代はPC+」で多様化するシーンに対応できる製品を用意

 冒頭に登壇したレノボ・ジャパン代表取締役社長である渡辺朱美氏は「各ベンダーが苦戦するなかで、レノボは過去3年にわたって継続的に成長し、シェアを拡大している」と述べた。その要因として挙げたのは「Idea」と「Think」の2つに代表される革新的な製品群を持っていること。そしてもうひとつは「プロテクト&アタック」、守りと攻めというバランスの取れた戦略を継続して行ってきたからと分析した。レノボ・ジャパンとしても法人ビジネスを守り、コンシューマの市場を果敢に攻める戦略で3年前と比較すると、シェアは2倍に拡大しているという。

樋口泰行氏(左)と、渡辺朱美氏
樋口泰行氏(左)と、渡辺朱美氏

 そしてPCの使われ方、求められる要求も多様化している現状を踏まえ「時代はPC+(プラス)。PCだけではなくタブレットやスマートフォンといったさまざまなデバイスをひとりが複数所有し、活用するシーンによって使い分けている時代になっている」とし、要望にこたえられるコンバーチブルな製品を用意したと自信を見せた。

 発表会には、日本マイクロソフトの代表執行役社長である樋口泰行氏も登壇。Windows 8の発売を間近に控え、「Windows 8は画期的なOSで、さまざまなニーズにお応えできるもの。マーケティング投資の意味ではこれまでにない規模で、来週からアピール活動し、マーケットを爆発させるぐらいの勢いで盛り上げていきたいと思います」とコメントした。

  • レボノ・グループバイスプレジデントのビクター リオス氏も登壇し、グローバル展開の軌跡を紹介。

  • 世界各国でシェアを伸ばしていることをアピールした。

  • レボノ・ジャパン執行役員常務の大岩憲三氏は、日本市場戦略について説明。これまでコストパフォーマンスに主眼を置いてきたが、付加価値の高い製品を積極的に取り組んでいきたいとしている。

360度回転するウルトラブック「IdeaPad Yoga 13」

櫛田弘之氏。手にしているのはくれメンタインオレンジのIdeaPad Yoga 13
櫛田弘之氏。手にしているのはクレメンタインオレンジのIdeaPad Yoga 13

 IdeaPad Yoga 13の最大の特徴となっているのが、360度開く筐体。上下2つの軸を持ったヒンジを採用することで実現している。同社では「ノートブック」、「タブレット」、「テント」、「スタンド」と4つのモードを提唱。ノートブックやタブレットはその名称どおりのスタイルとして使うことができるほか、テント型に立てることで本体を持たずにマルチタッチ操作ができたり、スタンド型に立てることにより映像やビデオチャットなどが楽しみやすくなるとしている。なお、液晶パネルが180度以上開いた状態になると、自動的にキーボードがロックされる仕組みにもなっている。

 その一方で「360度開くことに注目が集まりますが、念頭においているのはハイパフォーマンスのウルトラブック」(IdeaPad製品担当の櫛田弘之氏)と語っていたように、インテルCore プロセッサ、8Gバイトのメモリ、128GバイトのSSDを搭載している。

 液晶パネルはIPS液晶パネルを採用。サイズは13.3型で、解像度は1600×900ドット。10点マルチタッチスクリーンに対応している。

 カラーリングはシルバーグレーとクレメンタインオレンジの2色。それぞれのCPUに、Core i7-3517UとCore i5-3317Uを搭載した計4種のモデルを用意。Core i7-3517Uモデルはシステムメモリが8Gバイトで、バッテリーの駆動時間は約7.4時間。実売予想価格は13万円前後。Core i5-3317Uモデルはシステムメモリが4Gバイトで、バッテリーの駆動時間は約7.5時間ほどで、実売予想価格は12万円前後としている。販売開始は、シルバーグレーのモデルがどちらも11月上旬、クレメンタインオレンジのモデルが12月中旬を予定。

 なお、海外ではWindows RTデバイスの「IdeaPad Yoga 11」と呼ばれる製品が発表されているが、日本での発売予定はないという。

  • IdeaPad Yoga 13

  • テント型に立てた状態

  • シルバーグレー

  • ヒンジの説明。2万5000回の耐久テストをクリアしている

  • 重さは1.498キログラム

  • IdeaPad Yoga 13のスペック

キーボードの着脱可能なタブレット「IdeaTab K3011W」

 IdeaTab K3011WはWindows 8搭載のタブレットで、11.6インチのIPS液晶パネルを搭載。5点マルチタッチスクリーンを採用し、タブレットの本体は667グラム。

 そしてキーボードドックがあらかじめ同梱し、ノートPCのような感覚で扱うことも可能。タブレット本体とキーボードにはそれぞれ8時間ずつ、計16時間の駆動が可能なバッテリーを搭載し、キーボードドックを装着した状態での重さは約1.3キログラムとしている。12月上旬販売開始予定で、販売予想価格は7万円前後としている。

  • IdeaCentre・タブレット製品担当の藤井宏明氏

  • IdeaTab K3011W(キーボードは手前)

  • IdeaTab K3011Wのスペック

  • レノボ・ジャパンのWindows 8搭載ノートパソコンのラインナップ

  • レノボ・ジャパンのWindows 8搭載デスクトップパソコンのラインナップ

  • タブレットに関してはAndroid端末を「準備中」としている。

デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

-PR-企画特集