logo

グルーポン、レストラン向けアプリ「Breadcrumb」をリリース--「iPad」で各種管理が可能に

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 長谷睦2012年10月11日 11時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レストランを対象としたGrouponのアプリケーションが、Appleの「iPad」向けにリリースされた。

 「Breadcrumb」という名前のこのアプリケーションは、レストランの取引管理に必要なあらゆる機能を盛り込むことを目指している。同アプリケーションはメニュー機能を持ち、これを使って給仕係は客の注文を入力し、厨房に伝えることができる。さらに、レストランのオーナーは店内のテーブルを管理し、空席や1つのテーブルに着席している客の数などを確認できる。

 GrouponによるとBreadcrumbの狙いは、レストランが既に導入している現行のPOS製品を置き換えることだという。そのためBreadcrumbはアプリケーションだけでなく、個別に販売されているレジやレシートおよび厨房のプリンタをサポートする。すべての取引に、Grouponのモバイル決済機能が使用できる。


提供:Groupon

 Grouponは9月末に、独自の決済サービス「Groupon Payments」を全米で開始すると発表した。この追加機能を利用すると、企業は小売業者が採用しているSquareのサービスと同じような方式で、カードリーダーでクレジットカードを読み取り、「iPhone」「iPad」「iPod touch」から決済を行える。Grouponは、取引で発生した現金を翌日には小売業者の口座に送金すると約束している。同社はまた、Visa、MasterCard、Discoverの取引に一律1.8%の手数料を課金しており、これはSquareの手数料2.75%よりわずかに安い。

 Breadcrumbの鍵となる要素は、同プラットフォームのレポート機能だ。Grouponによると、レストランのマネージャーは店内のバーやテーブルがどれだけの金額を稼いでいるかを把握できるほか、タイムカードを管理して特定の夜に勤務している従業員を確認できるという。

 GrouponのBreadcrumbは月額99ドルで、1台のiPadと人数無制限のユーザーに対応する。さらに利用料月額399ドルの「Flagship」プランでは、最大10台のiPadと人数無制限のユーザーに対応する。Grouponによると、すべてのプランについて電話と電子メールによる24時間年中無休のサポートを提供するという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集