logo

アップル、「iPhone 5」カメラの紫フレア問題に公式コメント

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年10月09日 12時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「iPhone 5」が9月に発売されるや否や、写真の端に紫色が写り込むという声がユーザーから上がった。この現象は近くに明るい光源がある場合によく起きるが、光がフレームに射していないときにも発生し、写真とビデオの両方に影響する可能性がある。

 AppleCareのサポート担当は10月に入ってから、この問題に関するiPhone 5所有者の不満に対し、紫フレアは同端末のカメラの「正常な動作と考えられる」と述べ、次のように示唆していた。「われわれのエンジニアリングチームからこのように言われたところだ。写真を撮影するときは明るい光源からカメラを離すよう推奨する」

 そして同社はこのたび、公式のサポート文書を掲示し、同様の方法で問題に対応するよう述べている。

 全世代のiPhoneも含め、ほとんどの小型カメラでは、画面の外側の光源を利用する場合、フレームの端に何らかの形のフレアが発生することがある。これは光源が画面の斜め(多くの場合は画面のすぐ外側)から射す場合、光がカメラモジュールの中に反射し、カメラセンサがこれを感知するためである。明るい光の射す方向が変わるようにカメラの位置を少し動かしたり、手でレンズを覆い光を遮ることにより、影響をなくすことができる。


写真の端が紫色に写り込んだ写真の例。
提供:CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集