logo

MS共同創設者P・アレン氏、「Windows 8」を分析--好評価ながらも一部でやや「困惑」

Shara Tibken (CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年10月03日 09時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoft創設者の1人であるPaul Allen氏が「Windows 8」に対する意見を述べている。同氏は同製品の大部分を気に入っているが、一部の機能にはやや「困惑させられる」と述べた。

Paul Allen氏
Paul Allen氏
提供:Allen

 Microsoftは同社の最新OSを2012年10月にリリースする予定である。「Windows」のこれまでのバージョンとは異なり、Windows 8は初めて、2つのモードを提供し、タッチ機能を搭載する。一方のモードは、以前は「Metro」インターフェースと呼ばれ、現在は「Windows 8スタイル」と呼ばれているもので、タブレット向けに設計されている。もう一方のモードは従来の外観に近く、従来型のPCをターゲットとしている。

 Allen氏はブログ投稿で、Windows 8を詳細に分析し、ユーザーによる一部の機能のカスタマイズを支援するためのスクリーンショットやヒントを提供している。同氏は結論として、同OSはこれまでよりもかなり「動作が機敏で応答性に優れて」おり、新しいタブレット機能は「大胆で革新的」であるとした。しかし、デュアルモードはユーザーにとって、かなり紛らわしい可能性がある。特に、「Internet Explorer」などの同一アプリケーションの2つのバージョンを同時に起動して実行できるという点がそうである。

 「ユーザーが2つのモードを持つ新しいWindows 8に慣れ、快適に操作できるようになるまでには、短い適応期間が間違いなく必要だ」とAllen氏は記した。

 1つの理由として、Windowsでは、デスクトップをデフォルトのビューとしてシステムを起動することができない。これをオプションとしてユーザーに提供するべきだとAllen氏は述べる。システムはWindows 8スタイルで起動してしまう。また、検索や設定といった重要な機能にアクセスするための「Charms」バーは、ユーザーが簡単にわかるようになっていない。

 Allen氏が最も「困惑させられる」と感じたのは、従来型のデスクトップユーザーとして新機能に適応することである。例えば同氏は、複数のモニターの使用を難しく感じ、また、同氏が望んでいないにもかかわらずOSが2つのモードを切り替える場合があるとした。

 「個人的には、ほとんどすべての場合において、自分が使用中のモードをWindowsに変更してほしくないと私は思った」とAllen氏は述べた。

 しかし同氏は、デスクトップPCユーザーはそれほど困難なく今回の変更に慣れることができるはずであり、また、タブレット上のWindows 8は「エレガントで応答性に優れ、市場に提供されている他のタブレットと比較しても遜色がない」と述べた。

 「Windows 8は、非常に有望な将来を見据えつつ、旧来のWindows機能の最良の部分を提供すると確信している」とAllen氏は述べた。

Windows 8を搭載するLenovoの「ThinkPad Tablet 2」
Windows 8を搭載するLenovoの「ThinkPad Tablet 2」
提供:Lenovo

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集