ソフトバンクとイー・アクセス統合で業界2位に--1.7GHz帯とテザリングが鍵

佐藤和也 (編集部) 別井貴志 (編集部)2012年10月01日 18時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 既報の通り、ソフトバンクとイー・アクセスは10月1日夕方に共同で記者会見し、経営を統合すると発表した。

 ソフトバンクの孫正義氏は「今日の午後、正式に経営統合しましょうと取締役会で決めて2人で合意した。基本合意ということではなく、株式交換比率など細部も含めてすべて決めた」とし、年内にイー・モバイルをソフトバンクの完全子会社にすることを目指す。両社を合わせた契約数は8月末で3911万人と、KDDI(au)の3589万人を抜いて業界第2位になるという。

 株式交換で経営を統合し、イー・アクセスの株主にソフトバンクの株式を交付する。交換比率は、イー・アクセス株式の評価額を1株5万2000円とし、ソフトバンク株式の3カ月間の平均終値である1株3108円で割った16.74となる。そして、イー・アクセスは2013年2月25日に上場廃止になる予定だ。

 会見にはソフトバンク代表取締役社長の孫正義氏ならびに、イー・アクセス代表取締役会長の千本倖生氏が登壇した。

孫正義氏
孫正義氏

 会見の冒頭では、孫氏がADSL市場にベンチャースピリットをもって参入した頃を振り返ったのち、2005年にソフトバンク(当時のBBモバイル)とイー・アクセスが携帯電話事業の認可を同じ日に得たこと、2007年に2.5GHz帯の免許取得のためにジョイントベンチャーを立ち上げたこと、2009年にモバイルデータ通信で協業したことなどに触れ、イー・アクセスについて「同じタイミングで生まれ、市場では激しく競争をしながらも、協調も行ってきた。そして志を共有し、情報革命に携わってきた」と、競争と協調を続けてきた存在であることを説明。

 とはいえ、競争相手である以上、疑心暗鬼な緊張関係も常に残っていたが、単なる業務提携にとどまらない形での協調関係であるために、同日の午後に経営統合することを決定した。すでに最終契約書の調印まで進んでいるという。

  • 経営統合について10月1日17時から都内で共同緊急記者会見が始まった。ソフトバンクの孫正義社長が説明。

    ソフトバンク資料

  • 12年前、両者ともにADSLを開始し、有線のブロードバンド時代に突入。「それまで日本のインターネットは世界でもっとも高くて遅いとやゆされてきた」と孫氏。

    ソフトバンク資料

  • さらに5年後、両者は1.7GHz帯での携帯電話の許認可を同時に受けた。固定回線からワイヤレス、モバイルの世界へ新規参入した。

    ソフトバンク資料

  • そして、2007年には2.5GHz帯の免許取得に向けて両者はジョイントベンチャー展開。

    ソフトバンク資料

  • 「このようにソフトバンクとイー・アクセス、イー・モバイルは、同じようなタイミングで生まれ、激しく競争してきたが、その一方で協調し、共存してきた」と孫氏は振り返った。

    ソフトバンク資料

  • そして「志も同じで、同じ方向を向いて情報革命を歩んできた。それならば、業務提携より根っこからということで、本日午後に正式に経営統合しましょうと取締役会で決めた」(孫氏)。

    ソフトバンク資料


 孫氏はLTEに関してはすでに3~4年程度前から準備を進め、iPhone 5の発売にあわせて施策を発表していくなか、1.7GHzのLTEを使えるようになると大きなメリットになると思い、一緒のグループとしてイー・アクセスと組んでやっていきたいという思いが強くなっていったという。このタイミングでの経営統合は、「LTEがこれから大きく花咲くタイミングであったから」(孫氏)。また単なる業務提携にしなかったのは、より深いネットワークの統合をしていかないと、本当の意味でのユーザーに快適なネットワークサービスを提供できないとし、信頼関係が経営の根っこにまで入らないと難しいと、経営統合の必要性を語った。

千本倖生氏
千本倖生氏

 千本氏も議論を深めるなか、企業としてのスピード感がお互いにあっている点が大きかったことや、LTEがこれから巨大なマーケットになっていくなか、イー・アクセスが持つLTEネットワークが、ソフトバンクが今要求しているiPhone 5やテザリングに対してフィットしているとし、全体のシナジー効果が最大値で提供できる組み合わせだと判断して経営統合を決定したという。

 iPhone 5が、この統合に大きな影響を与えたことについては孫氏も認め、前々から経営の関係も深めていきたい考えは持っていたが、経営統合の提案をするという腹をくくったのは、テザリングについて「やりましょう」と発言した瞬間だと明かした。「前日に検討しますと答えて、翌日にはやりましょうとして記者会見をしたが、このときにイー・アクセスと経営統合して、テザリングを実施しても構造的に成り立つネットワークを作らないといけない。やる気だけでネットワークを倒すわけにはいかないので。それが背景にある」(孫氏)とし、iPhone 5とテザリング問題が大きな引き金になったことを語った。またネットワークの維持のためにテザリング問題が後手にまわったことを認めながらも「今回の合意で、より良いサービスの提供と、積極的なソフトバンクとしていろんな施策を打ち出していきたい」と語った。

  • イー・アクセスの代表取締役会長である千本倖生氏と2人で合意。「基本合意ということではなく、細部まですべて決めた」(孫氏)。

    ソフトバンク資料

  • なぜ、このタイミングか。それには「1.7GHzが鍵だ」と孫氏。同じ「iPhone 5」を販売するKDDI(au)と熾烈なLTE競争を繰り広げており、「健全な競争はいい」(孫氏)としながらも、これに対抗するため、1.7GHz帯でLTEをすでに展開しているイー・アクセスの魅力をアピールした。このスライドは前回の記者発表時にミスタイプがあったため改めて提示。

    ソフトバンク資料

  • ソフトバンクとKDDIのLTE対応エリア比較。

    ソフトバンク資料

  • さらにLTE対応エリア比較で優位性をアピール。

    ソフトバンク資料

  • 「LTE以前と以後では1.7GHzの価値が違う。以前は、単なる3Gのひとつの電波。以後は世界の標準バンドということで意味がものすごく違う」(孫氏)とし、iPhone 5はすでにこの1.7GHzでのLTEを使える仕様になっていることで、イー・アクセスの基地局を基本的にそのまま利用できることを強調した。そうすると…

    ソフトバンク資料

  • つまり、両方の基地局を利用できるので、ソフトバンクは2013年3月までに2.1GHzのLTE基地局を2万局作る計画(当初は1万局としてきたが上方修正)で、イー・モバイルの1.7GHzのLTE基地局1万局を合わせて、3万局になる予定だという。

    ソフトバンク資料

  • 両方のLTE網を同時に使えるようになれば、「競合他社に比べて、はるかに電波の受かりがよくなる。速度も」と孫氏。

    ソフトバンク資料

  • データ通信だけではなく、イー・モバイルのLTE対応端末にとってもメリットが大きいという。

    ソフトバンク資料

  • auとの差を強調。しかし、「両方から同時に受けられるようになる。しかもハードウェア(iPhone 5)を一切変えずに。ただしネットワークの調整があるので数カ月はアップルとやりとりが発生するが」と孫氏。つまり、実際に2.1GHzと1.7GHzのLTEを両方使えるようになるのはまだ先のことだ。

    ソフトバンク資料

  • 統合後のソフトバンクとKDDIのiPhone 5対応周波数帯の比較。

    ソフトバンク資料

  • 「以前からイー・アクセスと親しくしていたが、ソフトバンクから強烈なラブコールをした」(孫氏)のは、1.7GHzのほかに「テザリング」がキーだったという。「テザリングに関しては去年、一昨年から検討してきたが、ネットワークのキャパシティを考えると既存の顧客に迷惑をかけてしまう恐れがあったため、慎重に検討してきた」と孫氏は語り、経営統合を早めにしたのはテザリングの実現が理由の大きな1つであることも説明した。前回2013年1月15日からテザリングをやることを発表した時は、「ひやひやしながら発表していた」と孫氏。

    ソフトバンク資料

  • 全体のネットワーク(データ)トラフィック量が急激に増えて、全国的なネットワーク障害を引き起こしてしまう恐れからテザリングを慎重に検討してきたわけだが、今回の経営統合で基地局のかまえができたため、テザリング開始を2012年12月15日からに前倒しで実施する。

    ソフトバンク資料

  • さらに、月間5460円のパケット定額で、データ通信量が「月間で1.2Gバイトを超えた場合は速度を制限する場合がある」としていたが、これを「3日間で1Gバイトを超えた場合は速度を制限する場合がある」と改めた。突発的なトラフィック量の増加によるネットワーク全体の保護のために制限はかけ続けるが、これにより競合他社とも同じ制限になったと説明。

    ソフトバンク資料

  • 改定した内容を整理した「パケット定額サービス」。

    ソフトバンク資料

  • 経営統合は株式交換。孫氏は「ここ最近のイー・アクセス株は1株1万5000円ぐらいだったので約3.5倍の5万2000円の評価額とした」。

    ソフトバンク資料

  • このエントリーをはてなブックマークに追加