logo

ソニー、サイクリングからダイビングまで連れて歩けるウェアラブルカメラ

加納恵 (編集部)2012年09月26日 13時32分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは9月26日、サイクリングやスカイダイビングなど、スポーツ中のシーンを記録するウェアラブルカメラ「HDR-AS15」を発表した。Wi-Fiを内蔵し、スマートフォンと連携して使用できる。発売は10月12日。店頭想定価格は3万円前後になる。

 サイズは高さ47mm×幅24.5mm×奥行き82mmで、重量約90g(付属品使用時)のコンパクトモデル。本体には記録時間や電池残量などが表示されるディスプレイと、PREV、NEXTボタン、録画ボタンのみを備えたシンプルな構成だ。

 記録メディアにはメモリースティックマイクロ、microSDカードを使用し、1920×1080ピクセル、30pによるフルHD動画の撮影が可能。録画モードは1280×720ピクセル 120p/60p/30p、640×480ピクセル 30pの5種類から選択でき、インターバル撮影にも対応する。

  • 手のひらサイズで重量は約90g

  • ディスプレイには記録時間や電池残量が表示される

  • バッテリとカードスロット部

  • 録画ボタンは大きめサイズで操作しやすい

  • HDMI、USB端子などを備える

  • レンズは170度の広角撮影が可能

 スマートフォン連携として利用するには、アプリ「PlayMemories Mobile」をインストールする必要があり、Android版、iOS版ともに、Google Play、App Storeから無料でダウンロードが可能。スマートフォンでは、アングル確認、録画中のモニタリングができるほか、撮影モードの設定や録画スタート、ストップといった操作が行える。撮影した動画をスマートフォンへ転送し、FacebookやYouTubeへアップロードすることも可能だ。

 撮像素子は1/2.3型のExmor R CMOSセンサを採用し、暗所撮影に優れるほか、170度の広角レンズも搭載。水深60mまで対応するウォータープルーフケースと接着バックル、平面用接着マウント、曲面用接着マウントによる接着マウントも標準で付属される。

  • ウォータープルーフケースは同梱される

  • ウォータープルーフケースに入れた状態でも録画ボタンは押しやすい

  • ウォータープルーフケースに入れた状態でも三脚穴が使用できる

 別売アクセサリとして、撮影画面を確認できるグリップスタイルLCDユニット「AKA-LU1」(価格:1万500円)、頭に装着できるヘッドバンドマウント「BLT-HB1」(同:3150円)、曇り止めシート「AKA-AF1」(同:2100円)、ウォータープルーフケースとあわせて使用するハンドルバーマウント「VCT-HM1」(同:3150円)、ウォータープルーフヘッドマウントキット「VCT-GM1」(同:3675円)、チルトアダプタ「VCT-TA1」(同:3150円)、交換ドアパック「AKA-RD1」(同:5775円)などが用意されている。

  • グリップスタイルLCDユニット「AKA-LU1」を取り付ければモニタリングが可能になる

  • 接着式マウント「VCT-AM1」。ウォータープルーフケースと組み合わせてヘルメットやスノーボードへの取り付けができる

  • ヘッドバンドマウント「BLT-HB1」。ヘルメットなどに装着しなくても頭に本体を固定できる

-PR-企画特集