logo

ソニー、Android 4.0搭載「Walkman」--3.5インチモニタで扱いやすく

加納恵 (編集部)2012年09月20日 15時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 「Walkman NW-F800」シリーズ

 ソニーは9月20日、デジタルオーディオプレーヤー「Walkman」に、Android 4.0を搭載した「Walkman NW-F800」シリーズを追加した。Wi-Fiによるネット接続ができるほか、高音質フォーマットFLACに対応する。発売は10月20日。16Gバイトの「NW-F805」(店頭想定価格:2万円前後)、32Gバイトの「NW-F806」(同:2万5000円前後)、64Gバイトの「NW-F807」(同:3万5000円前後)をそろえる。

  • 「Walkman NW-Z1000」(左)「Walkman NW-F800」(右)の比較。モニタサイズが4.3インチから3.5インチに変更された

 Walkmanでは2011年にAndroid OSを搭載したフラッグシップモデル「NW-Z1000」を発売。F800はそれに続くAndroid OS搭載モデルになる。Wi-FiとBluetoothに対応し、ワイヤレス接続を実現。Bluetooth対応のイヤホンを同梱した「NW-F805BT」(16Gバイト/店頭想定価格:2万6000円前後)もあわせて発売する。

  • 「NW-F800BT」

 YouTube、Gmailなどのアプリをプリインストールし、メディアプレーヤーとしてZシリーズ同様「W.ミュージック」アプリを搭載。そのほかのアプリを操作していても、すぐに音楽操作画面が立ち上がる「W.ボタン」も装備する。

 加えて新アプリとしてカセットウォークマンをスキンとして内蔵した「ウォークマンクラシックス」を用意。これは画面上に映し出されたウォークマンのボタンをタッチすると実際に再生、停止などの操作ができるというもの。ウォークマンは5種類のクラシックモデルから選択可能だ。

  • ウォークマンクラシックス画面

 F800シリーズでは、定額制音楽配信サービス「Music Unlimited」と音楽配信サイト「mora」に対応した音楽サービスアプリも備える。

 独自の高音質技術「S-Master」をモバイル機器用に進化させた「S-Master MX」をはじめ、デジタルノイズキャンセリング、高音域をクリアに再現する「DSEE(Digital Sound Enhancement Engine)」などの高音質技術を内蔵。スピーカやヘッドホンの音響特性を最適化する「クリアフェーズ」機能にも対応する。

  • 「NW-F805K」

 サイズは高さ114.6mm×幅56.8mm×奥行き8.9mmで、重量約100g。3.5インチのタッチパネル式液晶ディスプレイを搭載する。リチウムイオン充電池で駆動し、約3.5時間の充電で、最長約25時間の使用が可能だ。

 ソニーのBDレコーダーで録画した番組をWalkmanに転送できる「おでかけ転送」のほか、nasneに録画したテレビ番組をPS3経由で書き出すことも可能。Bluetoothを使えば携帯電話やスマートフォンで撮影した写真をワイヤレスでやりとりすることもできる。

 ボディカラーはライトピンク、ホワイト、ビビッドピンク、ブラック、ブルーの5色を用意。同色のスピーカを同梱した16Gバイトモデル「NW-F805K」(店頭想定価格:2万3000円前後)と32Gバイトモデル「NW-F806K」(同:2万8000円前後)も同時に発売される。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集