logo

アドビ、次期「Photoshop」は「Windows XP」をサポートせず

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫2012年09月18日 11時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftが「Windows XP」をリリースしたのは2001年だが、Adobe Systemsは米国時間9月14日、「Adobe Photoshop」の現行バージョン「Adobe Photoshop Creative Suite 6(CS6)」がこのOSをサポートする最後のバージョンになることを明らかにした。

 Adobeで製品マネージャーを務めるTom Hogarty氏はブログ投稿で次のように述べている。「Photoshop CS6(13.0)がPhotoshopとしてはWindows XPをサポートする最後のメジャーバージョンになることを、Photoshopチームから前もってお知らせしておきたい」


 Hogarty氏はその理由として、性能にこだわった現代のソフトウェアには、最新のハードウェアグラフィックスインターフェース、特にグラフィックス処理ユニット(GPU)の能力を引き出す手段が必要で、Windows XPにはこれが欠けているためだと説明した。

 Hogarty氏によると、Adobeは現行版のPhotoshop CS6にもバグ修正は提供していく予定だという。Adobeは、CS6シリーズすべてを含むソフトウェアが利用できる新しいサブスクリプションサービス「Adobe Creative Cloud」の提供を開始している。これは、顧客が月額50ドル(年間契約の場合)を支払って利用するサービスで、CS7で搭載される新機能を、開発完了後すぐに利用できる点が特典の1つとなっている。これらの新機能もWindows XPユーザーは利用することができないとHogarty氏は述べた。

 関連製品「Adobe Photoshop Lightroom 4」では、すでにWindows XPのサポートを終了している

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集