logo

[ウェブサービスレビュー]オープン志向の使い捨てメルアドサービス「Mailinator」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ManyBrain, Inc.
内容:「Mailinator」は、ブラウザ上で手軽に使える使い捨てメールアドレスサービスだ。メールアドレスは事前登録不要で自由な文字列を設定でき、その文字列さえ知っていればパスワードなしで誰でも受信ボックスを見られるという、徹底したオープン志向が特徴だ。

 「Mailinator」は、ブラウザ上で手軽に使える使い捨てメールアドレスサービスだ。メールアドレスは事前登録不要で自由な文字列を設定でき、その文字列さえ知っていればパスワードなしで誰でも受信ボックスを見られるという、徹底したオープン志向が特徴だ。

 本サービスでは「適当な文字列@mailinator.com」というメールアドレスが利用できる。@以前の文字列は25文字以内で自由に設定ができ、事前に登録しておく必要すらない。他サービスではトップページへアクセスすることで任意のメールアドレスを発行するというシステムを採用しているケースが多いが、本サービスではそれすら必要なく、思いついた文字列+@mailinator.com宛にいきなりメールを送れてしまうのだ。

 受信したメールはブラウザ上で表示できるのだが、この仕組みがまたユニーク。受信ボックスを表示するには、@以前の文字列だけあればよい。つまりパスワード認証の仕組みもなければ、ブラウザ側でcookieで制御する仕組みすらない。@以前の文字列さえ知っていれば、誰でも受信ボックスが見えてしまうのだ。

  • 「Mailinator」トップページ。メニューは英語で、システムが独特なこともあってやや難解。左側のフォームに@以前の文字列を入れて「Go!」を押せば受信ボックスが見られる、とだけ覚えておけばよいだろう

  • 中央列に「任意の文字列@mailinator.com」というメールアドレスが表示されているが、他サービスのように訪問者向けに発行されたユニークなアドレスというわけではなく、あくまで例を示したもの。実際には自由に設定できる

  • メールアドレスの@より手前の部分は25文字以内で自由に選べ、事前に設定しておく必要すらない。試しに「cnet_japan_test@mailinator.com」にメールを送ってみる

  • メール送信後、トップページのフォームに@以前の文字列、ここでは「cnet_japan_test」を入れてログインする。パスワードは不要

  • 先ほど送信したメールが受信ボックスに表示された(中央)。このように、@以前の文字列さえ分かればパスワードなしで誰でもメールが見られてしまう。従ってセキュリティを強化したければ@以前の25文字を複雑にして対応するしかない

 つまり受信メールが「ダダ漏れ」なわけだが、実際には25文字までの文字列が設定できるので、セキュリティを強化したければ、ここになるべくランダムかつ複雑な文字列を設定することになる。ただしこのメールアドレスを確実に知っている人、例えばメールの送信者はいつでも見ることができるので、そこは考慮しなくてはいけないだろう。いずれにせよ「受信メールがダダ漏れ」とみるか「自由にアドレスが設定できて閲覧も簡単」とみるかは、人によって見解が分かれそうだ。

 メールの有効期限は数時間とされており、それが過ぎると自動的に削除される。保存可能な受信メールは10通まで、添付ファイルは無視される。メールは1通ごとに転送が可能だが、本文への加筆はできず、そのままフォワードする形になる。メール受信はPOP3にも対応している。

 用途としては、試しにメルマガを受信してみる、特定のメールアドレスを不特定多数に参照してもらうために転送するといった、かなり限定された使い道だろうか。自分のPCが使えない環境下で、個人から送信したテキストデータをブラウザ上に表示する仕組み、と捉えたほうが使い道が広がるかもしれない。ともあれほかにないサービスであることは間違いないので、一般的な使い捨てメールサービスとの違いを把握しておけば、アイデア次第で役立てることができそうだ。

  • メール本文を表示したところ。メールはPOP3で受信することも可能。またアクセスしやすいようエイリアスも設定できる

  • メールは1通ごとに転送が可能だが、本文への加筆はできず、そのままフォワードする形になる。なお筆者環境ではうまく動作しなかった

  • 前回表示した受信トレイへはショートカットがフォーム下段に用意されているので、同じブラウザを使い続けている限りは@以前の文字列を何度も入力し直す必要はない

-PR-企画特集