logo

ニコン、実売22万円のフルサイズ機「D600」--FXフォーマット最小、最軽量

加納恵 (編集部)2012年09月13日 17時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ニコンイメージングジャパンは、35mmフルサイズのニコンFXフォーマットCMOSセンサを搭載したデジタル一眼レフカメラ「D600」を発表した。FXフォーマット機では最小・最軽量を実現した。発売は9月27日。ボディのみのD600(店頭想定価格:22万円前後)、24-85mmのf/3.5-4.5G ED VR 付きレンズを同梱した「D600 24-85 VR レンズキット」(同:27万5000円前後)、レンズキットに50mm f/1.8G レンズを加えた「D600 ダブルレンズキット」(同:30万円前後)を発売する。

 35.9mm×24.0mmサイズのニコンFXフォーマットCMOSを搭載し、有効2426万画素の静止画撮影と、1920×1080ピクセル、30pでの動画撮影をサポート。上位機種「D4」「D800/800E」同様に、画像処理エンジン「EXPEED 3」により、忠実な描写、鮮やかな色再現、広いダイナミックレンジを実現した。

  • 「D600」

  • 有効2430万画素 ニコンFXフォーマットCMOSセンサ

 AFセンサには、マルチCAM4800オートフォーカスセンサモジュールを採用し、39点のフォーカスポイントで被写体の捕捉、追尾する。

 視野率約100%の光学ファインダと周囲の光の状態に応じて明るさ、コントラストを自動調整する3.2型液晶モニタを装備。記録メディアには、SD/SDHC/SDXCカードを使用し、2枚収納できるダブルカードスロットを備える。

 秒間約5.5コマの高速連続撮影、起動時間約0.13秒、レリーズタイムラグ約0.052秒などの高速性能も確保している。

 サイズは高さ113mm×幅141mm×奥行き82mmで、重量約850g(メモリーカード、バッテリ含む)。D800に比べ約16%の軽量化が図られた。

 別売のワイヤレスモバイルアダプタ「WU-1b」(価格:5250円)を装着すれば、撮影した画像をスマートフォンやタブレットPCと共有することが可能。SNSなどにも簡単にアップロードできるとしている。

  • 「D800」との比較。小型化が図られた

  • ニコンFXフォーマット搭載機の中では最小、最軽量を実現

  • ワイヤレスモバイルアダプタ「WU-1b」

-PR-企画特集