logo

グーグル、iOS向けに開発した初の「YouTube」アプリを公開

藤井涼 (編集部)2012年09月11日 18時38分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グーグルは9月11日、iPhone/iPod touch向けに開発した「YouTube」アプリを公開した。従来のアプリでは視聴できなかった、VEVOやソニー・ミュージックジャパンの公式ミュージックビデオを視聴できるほか、登録されたチャンネルの一覧表示や、音声検索、字幕の付与、SNSへの投稿にも対応している。近日中にiPad向けアプリも公開する予定。

  • グーグルが開発した「YouTube」アプリ

 既存のYouTubeアプリはアップルによって開発されていたが、YouTubeアプリをiOSに搭載するライセンス契約の終了にともない、グーグルとして、改めてYouTubeアプリを開発することになったという。なお、最新版の「iOS 6」からYouTubeアプリのデフォルト搭載は廃止されるため、YouTubeを利用するにはアプリをダウンロードするか、ウェブブラウザを介してサイトへアクセスする必要がある。

 今回発表された新たなYouTubeアプリは、グーグルのエンジニアが主導で開発した初のiOS向けアプリになる。ダウンロードした際は、既存のアプリ(アップル開発)に上書きされるわけではないため、端末内に2つのYouTubeアプリが存在することになるそうだ。

 現在、YouTubeモバイルは約7億のデバイスで利用されており、1日あたりの視聴回数は10億回以上にのぼる。また、毎分3時間分の動画がモバイルからアップロードされているという。特に、日本ではモバイルでの利用率が5割にのぼっており、この数値は世界平均の約2倍におよぶそうだ。

  • YouTube プロダクト アジア太平洋統括本部長のアダム・スミス氏

 同日の記者説明会で登壇した、YouTube プロダクト アジア太平洋統括本部長のアダム・スミス氏は、YouTubeモバイルから投稿された中東革命や東日本大震災の動画などを例に挙げ、「市民のジャーナリズムが実現し、何が起こっているかを他の地域にも伝達できようになった」と説明。

 「日本でもビデオの作成・視聴の両面において、モバイル機器が中心的な役割を果たし、それがトレンドになると考えている。iOSプラットフォーム上でのYouTubeのユーザー体験が向上することで、このトレンドがさらに加速すると考えている」と期待を寄せた。

-PR-企画特集