logo

韓国公取委がサムスンの調査を開始--アップルの提訴を受け

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年09月07日 12時33分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 韓国の競争監視機関がサムスンの手法について調査を開始している。

 韓国公正取引委員会(KFTC)は現地時間9月6日、サムスンが同社のワイヤレス技術特許をどのような方法で使用して市場での競争に対処しているかを調査すると発表した。このニュースを最初に報じたReutersによると、KFTCの当局は、Appleが今年に入り、サムスンは同社の特許を使用して競争を害しているとしてサムスンを提訴したと述べたという。

 Appleとサムスンの関係は明らかに損なわれている。両社は全世界で特許訴訟を繰り広げており、8月にAppleはカリフォルニア州サンノゼで大きな勝利を収めた。その内容は、複数のサムスン製品の販売を差し止め、「iPhone」メーカーのAppleが10億ドル以上の賠償金を得る可能性を示すものであった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集