logo

楽天、クーポンサイト「Shareee」株式取得--「Racoupon」との連携も視野

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 楽天は9月3日、クーポンサイト「Shareee(シェアリー)」を運営するシェアリー株式の7割を取得したことを発表した。取得額は十数億円と説明。取得後の8月31日に楽天の執行役員を務める大西芳明氏が代表取締役社長に就任している。

 Shareeeは、レストランや旅館など地域に根付いたサービスを中心に月間1600本以上のクーポンや割引券を最大90%オフで共同購入できるサービス。楽天はシェアリーへの出資でシェアリーの既存株主である光通信のオフライン分野での営業力と、約7800万人以上の楽天会員、ウェブやメールを活用した送客能力などを生かし、クーポン事業を拡大するとしている。

 今後は楽天の決済サービス「楽天あんしん支払いサービス」をShareeeに導入し、楽天スーパーポイントを媒介とした新規顧客の相互送客を図るという。将来的には、楽天グループ内で利用できるクーポンサービス「Racoupon(ラ・クーポン)」とShareeeの連携強化を検討している。

-PR-企画特集