logo

ソニー、ネットワーク機能を備えたAVアンプ--専用アプリも用意

加納恵 (編集部)2012年09月03日 13時09分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは9月3日、AVアンプの新製品として、9.1ch対応の「TA-DA5800ES」と、7.1chモデルの「STR-DN2030」を発表した。動画、音楽配信サービスを利用できるネットワーク機能を備える。

  • 「TA-DA5800ES」

 TA-DA5800ESは、9ch化された第4世代の「広帯域パワーアンプリファイア」を搭載。フロントハイスピーカを設置していなくても、バーチャルで生成する「バーチャル・フロントハイ」機能を装備する。センタースピーカは、音を11段階でリフトアップしセリフと映像をマッチングさせる「センタースピーカーリフトアップ」が可能。PCやHDD内に保存された音楽をネットワーク経由で再生できる。発売は11月10日。価格は27万3000円になる。

  • 「STR-DN2030」

 STR-DN2030は、センタースピーカーリフトアップや、ネットワーク経由での音楽再生機能を装備。小音量でも臨場感あるサラウンド再生ができる聴感補正機能「サウンド・オプティマイザー」を搭載する。発売は10月25日。価格は8万4000円になる。

 両機種ともに、192kHz/24bit 5.1chのマルチチャンネルの高音質音源の再生に対応。ウォークマンやiPhone、iPodを接続して音楽再生や充電ができるUSB端子を装備する。スマートフォン用アプリ「ES Remote」をダウンロードすれば、スマートフォンをリモコンとして利用可能だ。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集