logo

レックスマーク、インクジェットプリンタ事業から撤退へ

Larry Dignan (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 高森郁哉2012年08月29日 11時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Lexmarkは米国時間8月28日、インクジェットプリンタ事業から撤退し、全世界で1700人の人員を削減して年間約9500万ドルのコスト削減を目指すと発表した。

 もともとIBMからスピンオフしたLexmarkは、競争の激しいインクジェットプリンタ市場で行き詰まっている。この市場では、1位のHewlett-Packard(HP)と2位キヤノンがしのぎを削っている。

 Lexmarkによると、設置済みのインクジェットプリンタに対しては、サプライ、サービス、およびサポートの提供を行っていくという。Lexmarkは声明の中で、この撤退により高価値のイメージングとソフトウェアへの注力が可能になると述べた。

 具体的には、インクジェットプリンタの製造、開発、およびサポートに関連する人員を削減する、とLexmarkは述べている。フィリピンのセブ島の製造施設は2015年末までに閉鎖する予定だ。この閉鎖で製造部門の1100人分の人員削減が見込まれる。また、インクジェット開発部門が2013年末までに終了し、これにより600人の雇用が失われる。

 Lexmarkはまた、インクジェット技術の売却も検討中だと付け加えた。


提供:Lexmark

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集