logo

ファインダを覗くとアイセンサでピント合わせ--ミラーレス一眼「LUMIX DMC-G5」

坂本純子 (編集部)2012年08月23日 16時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニック AVCマーケティング ジャパン本部は8月23日、デジタル一眼カメラ「LUMIX DMC-G5」を9月13日に発売すると発表した。

 LUMIX DMC-G5はミラーレスの小型・軽量ボディが特長で、内蔵ファインダを搭載する。有効約1605万画素 4/3型のLive MOSセンサと新開発のヴィーナスエンジンを搭載し、より高精細でノイズの少ない高画質を実現したとしている。重さは約396g(バッテリ、メモリーカード含む)。

 新たにライブビューファインダの特性を活かした新機能「タッチパッドAF」「アイセンサーAF」を搭載した。ファインダを覗きながらでも液晶パネルにタッチしてピント位置を調整できるほか、アイセンサの搭載により、ファインダを覗いて被写体を確認するだけで、カメラが自動でピントを合わせられる。

 AFの速度や細かさ、精度にもこだわり、画面を拡大することで、より細かいピント位置の設定ができる「ピンポイントAF」やタッチの有効範囲を全画面域で使用でき、液晶モニター画面全体で構図を設定しながら、自由なピント合わせられる「フルエリアタッチフォーカス」なども搭載している。

 なお、カメラ内の連写シーケンス処理改善を行い、6コマ/秒の高速連写(記録画素数16M)、電子シャッター20コマ/秒の超高速連写(記録画素数 4M 4:3時)を実現したとしている。


「LUMIX DMC-G5」

 価格はボディのみの「DMC-G5」が8万円前後、電動標準ズームレンズ(LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm)付きの「G5X」が10万5000円前後、標準ズームと新望遠ズームレンズ(LUMIX G VARIO 14-42mm、LUMIX G VARIO 45-150mm)が付属する「G5W」が11万円前後となっている。いずれも、カラーはエスプリブラック、シェルホワイト、ソリッドシルバーの3色。

 同日、マイクロフォーサーズシステム用の望遠ズームレンズとして「H-FS4515(LUMIX G VARIO F4.0-5.6 ASPH./MEGA O.I.S)」を発表している。価格は3万7275円。H-FS45150は、45-150mm(35mm判換算 90-300mm)で重さは約200g。小型、軽量ながら高い描写力を実現したとしている。

-PR-企画特集