logo

シンプルデザインが心地よいタスク管理アプリ「Any.DO」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ライフハックで仕事効率化を目指すビジネスマンは多いはず。そんな人におすすめしたいのがクラウド型のToDo管理アプリ「Any.DO」だ。このツールの特長は、何といってもUI/UXがとてもシンプルで、使い勝手が良いこと。日常的に使うツールだからこそ、ユーザーが触れるデザイン設計は重要になってくる。

 Any.doは、Facebookアカウントでログインすることで、クラウド上にToDoを保管できる。またデータはiPhone、Android、PCといった各種デバイス上から参照し、追加していくことができる。そのため、出先で発生したToDoはスマートフォンに、仕事中のToDoはPCでといった具合に分けられる。また、たとえば仕事はWorksに、個人はPersonalにアプリを切り替えることもできるので、混同してToDoが見つけられなくなるといった問題も起きないようになっている。

 ToDoを追加する方法は簡単だ。画面を下にスワイプすると、上部にワードボックスが表示される。ここに音声もしくはキーボード入力でタスクを追加する。キーボード入力の場合は、他のユーザーが登録したタスクがレコメンドされるので、よくある「ミルクを買う」「MTG調整」といった情報が簡単に入力できる仕組みになっている。

 タスクが登録できたら、それをリマインダとして登録することもできる。iPhoneを横向きにするとカレンダーが表示されるので、タスクを日付にドラッグアンドドロップすることで、締め切りを指定できる。その他の方法として、タスクをタップすると表示されるメニューから登録することも可能だ。

 登録したタスクが完了したら、タスクを左から右にサッと撫でれば、訂正線が引かれ、完了する。Any.DOならではの直感的な操作で、サクサクとタスクを消化していこう。

  • アプリを起動すると、Facebookログインすることを求められる。支持に従い、Facebook上でAny.DOのアプリを許可しよう。

  • アプリを起動するとこのような画面が表示される。使い方がToDoとして並んでいる。

  • タスクが完了したら、タスクを左から右にサッと撫でれば、訂正線が引かれ、完了する。

>>「Any.DO」のダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

iPhoneの記事一覧はこちら

-PR-企画特集