logo

世界のちょっと変わった動物競技たち--トリップグラフィックス

佐藤和也 (編集部)2012年08月19日 10時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」の、旅をテーマにしたインフォグラフィックス専用サイト「トリップグラフィックス」の第39回において「世界のチキチキ動物レース」と題し、世界のちょっと変わった生き物たちの競技をまとめている。

 動物レースと聞くと馬や犬などのレースをイメージしやすいが、世界にはクモやヤドカリ、カメなど、ユニークな動物レースや格闘イベントが存在する。

 イギリスの「ダービー・ステークス」は伝統ある競走馬のレースとして知られているが、アメリカでは40年以上の歴史を持つ「ロングヴィル・タートル・レース」というカメのレースが存在する。さらにフィジーでは、「クラブ・レース」というヤドカリレースが開催され、コースを一番早く歩けたヤドカリに投票した人は、特典としてドリンク1杯を無料でもらえるという一風変わったレースを行っている。

 ほかにも格闘イベントではスペインの闘牛が広く知られているが、日本ではメスのコガネグモを棒の上で戦わせる昆虫相撲「加治木くも合戦」という格闘イベントが、鹿児島県で6月の第3日曜日に行われている。

※クリックすると拡大画像が見られますが、画像を保存してご覧いただくことをおすすめします。
※クリックすると拡大画像が見られますが、画像を保存してご覧いただくことをおすすめします。

-PR-企画特集