logo

MS、「Windows Essentials 2012」を公開--「Live Mesh」を「SkyDrive」に置き換え

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2012年08月09日 12時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間8月7日、「Windows 7」と「Windows 8」向けサービスの新しいバンドルを提供開始した。名称は「Windows Live Essentials」ではなく「Windows Essentials」。いくつかの新機能が追加されているものの、インストールするとPCから「Live Mesh」が削除される。


 Microsoftはこれまで、「Windows Live Mail」「Messenger」「Movie Maker」「Photo Gallery」「Family Safety」(ペアレンタルコントロール)、「Writer」(ブロギングツール)、「Mesh」(PC同期サービス)を含むサービスバンドルに対し、Windows Live Essentialsという名称を使用してきた。同社は2011年半ばに2011年版のWindows Live Essentialsバンドルをリリースした。

 2012年版のWindows Essentialsバンドルでは、Movie MakerとPhoto Galleryがアップデートされている。「Mail」やMessenger、Writerもあるが、Windows Essentials 2012の内容をWindows Live Essentials 2011と比較している人々のコメントによると、ほとんど変わっていないという。

 一部のユーザーが望ましく思っていない変更が1つある。Windows Essentials 2012をPCにインストールすると、Live MeshがMicrosoftのクラウドストレージサービスであるSkyDriveに置き換えられるのだ。

 Microsoftはここのところしばらく、Live Meshを廃止する予定であることを示唆していた。しかし、Live Meshを使用している一部のユーザーが述べたように、SkyDriveにはLive Meshと同じ機能がいくつかあるが、削除された機能もある。その一部は、多くのLive Meshユーザーとって、搭載されていないと困る機能だ。Live Meshを使用すれば、クラウドにアクセスしなくてもPC同士を同期できる。また、Meshでは、ユーザーが同期するコンテンツの量を細かく調整できるが、同様の機能はSkyDriveにはない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集