logo

ロンドン五輪で深夜のツイートが急増

佐藤和也 (編集部)2012年08月08日 11時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECビッグローブは8月7日、Twitter上での旬な話題をランキング形式で紹介する「ついっぷるトレンド」において、7月に投稿されたツイートを分析した話題度ランキングを発表した。なお分析には「ツイッターデータ分析サービス」基盤を活用している。

 7月の日本の総ツイート数は13億7669万件で、6月の12億2275万件と比較すると13%の増加。ロンドン五輪の影響により深夜の国内総ツイート数が急増し、開幕の7月26日(サッカー女子カナダ戦)より前と比較すると、深夜1時から早朝7時までの時間帯で20~25%増となっているとのこと。また端末別の比率では、スマートフォンからの投稿が初めて全体の半数を超える50.7%まで増加し、携帯からの投稿数は11.8%まで減少している。

キャプション
投稿元推移(スマートフォンが初めての50%超え)

 ワードランキングでは、金曜ロードSHOW!で放映された映画「となりのトトロ」が1位となったほか、6位に「サマーウォーズ」が、10位には「千と千尋の神隠し」の「ハク」がランクインした。また、上野動物園で7月5日に生まれ、7月11日に死んだ「パンダ」(3位)の赤ちゃん、「イチロー」(4位)選手の「ヤンキース」(9位)への突然の移籍、7月1日大飯原発の「稼動」(9位)についても数多くツイートされた。

 また、フジテレビの「27時間テレビ」(115位)が放送された7月22日には、タカアンドトシの「タカ」(117位)さんの公開「プロポーズ」(162位)などにより、1日あたりの国内総ツイート数が歴代1位となった。

 ロンドン五輪関連では、1日あたりの国内総ツイート数ランキングが、サッカー男子スペイン戦の7月26日が平日にも関わらず4787万件で歴代2位、柔道の海老沼選手の準々決勝で旗判定が覆った7月29日が、4770万件で歴代3位に。月間ワードランキングにも「スペイン」(5位)、「柔道」(7位)がランクインしている。

キャプション
図2が7月26日(五輪サッカー男子 スペイン戦)、図3が7月29日(五輪柔道 旗判定覆る)

 また、体操男子団体戦で、内村選手のあん馬の得点が修正され、銀メダル(18位)となった7月31日や、内村選手が体操個人総合で金メダルを獲得した8月2日には、深夜にもかかわらず、国内総ツイート数が急増。深夜に国内総ツイート数が急増することは珍しく、Twitter上でも五輪が盛りあがっていると分析している。

キャプション
図4が7月31日(五輪体操 男子団体決勝)、図5が8月2日(五輪体操 男子個人総合決勝 内村選手金メダル)

 一方、ハッシュタグランキングでは、7月からの新アニメ番組「ゆるゆり♪♪」、「じょしらく」のハッシュタグ「#yuruyuri」「#joshiraku」が初登場2位、8位となっている。

  • 7月のワードランキング

  • 7月のハッシュタグランキング

-PR-企画特集