logo

MS、「Windows Phone 8」のみでアプリ内課金機能を提供

Lance Whitney (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年08月08日 09時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Windows Phone」開発者は、自分の製品にアプリ内課金機能を追加できるようになった。ただし「Windows Phone 8」においてのみである。

 Microsoftは最近投稿したガイドラインで、開発者は「アプリ内製品をWindows Phone 8アプリケーションに対してのみ追加できる」ことを認めた。つまり、「Windows Phone 7.8」を使用するユーザーや開発者にこの機能が提供されることはおそらくない。

 Microsoftはこの新機能を利用したいアプリケーション開発者に対し、エイリアス、価格、種類、言語など、アプリ内製品の「基本情報」を説明することを推奨している。また、製品の名前と画像に加えて、必要に応じて説明をMicrosoftに申請する必要がある。

 Windows Phone 7.8をサポートしないのは、MicrosoftのウォレットハブがWindows Phone 8でリリースされる予定であるという事実に関連する可能性がある。The Vergeによると、この新しいデジタルウォレットはアプリ内課金で使用される予定だという。つまり、このウォレットハブがWindows Phone 7.8には提供されないことを示唆している。

 Windows Phone 8には画面解像度の向上、近距離無線通信(NFC)、マルチコアプロセッサ、拡張可能なメモリなど、多数の新機能がサポートされる予定である。同OSではスタート画面も刷新され、新しいカラースキームとリサイズ可能なタイルが採用される。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集