アマゾン、ソーシャルゲーム開発スタジオを立ち上げ--Facebook用ゲームも発表

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年08月07日 11時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazonがソーシャルゲーム開発に関する取り組みとして「Amazon Game Studios」を立ち上げるとともに、Facebook用ゲーム「Living Classics」を発表した。

 Amazon Games Studiosチームは米国時間8月6日、「Amazon Game Studiosは、その名の通り、Amazonにおける新しいチームとして、革新的で楽しく、優れたゲームの開発に注力する」と同社ブログへの投稿で述べた。「Amazon顧客の多くが、無料のソーシャルゲームを含めてゲームを楽しんでいることを認識しており、われわれは、Amazonが持つノウハウにより、顧客がいつでもプレイ可能な素晴らしく、かつ、アクセス可能なゲーム体験を提供できると考えている」(Amazon Games Studiosチーム)

 この投稿は、同ゲームスタジオについて、従業員の採用を進めていること以外多くを述べていない。しかし、Amazonは2012年に入ってゲーム開発者、アーティスト、デザイナー、プロデューサー等の求人広告を掲載しており、そのなかで同はZyngaなどのような企業に挑戦しようとしていることを示唆していた。

 同スタジオの最初の主要タイトルであるLiving Classicsは、「動くオブジェクトゲーム」とAmazonは呼んでおり、キツネの家族が主人公だ。キツネ達は、「不思議の国のアリス」「オズの魔法使」「アーサー王伝説」などの物語から出てきた動くイラストとやり取りする。

 「プレイヤーは、素晴らしく描かれたシーンを探検し、動くオブジェクトを見つけることで、キツネ達の再会を助ける」とチームは述べ、「友達の訪問、獲得したものの共有、有名な物語の再認識、キツネの家族の再会などができる」と続けている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加