logo

メール添付のZIP圧縮ファイルを解凍して参照できる「Doc Folder」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Doc Folder」は、メールに添付されたZIP圧縮ファイルを解凍し、参照できるアプリだ。パスワード付の暗号化ZIPファイルも解凍できるほか、国産アプリということもあって多彩な文字コードに対応しており、ファイル名や本文の文字化けが起こりにくいのが特徴だ。

メールで添付ファイルを受信したところ。タップするとそのままプレビューできる場合も多いが、ZIP圧縮されたファイルだとそうもいかない
メールで添付ファイルを受信したところ。タップするとそのままプレビューできる場合も多いが、ZIP圧縮されたファイルだとそうもいかない

 iPhoneのメールで添付ファイルを受信した場合、多くのファイルは簡易なプレビュー機能によってそのまま画面上で表示できるが、ファイルがZIP圧縮されていると、その中にあるファイルは見ることができない。取引先などからメールで送られてきたファイルがZIP圧縮されていたら、その場で確認することを条件反射的に諦めてしまっている人も多いのではないだろうか。

 本アプリがあれば、メールに添付された圧縮ファイルを開き、中のファイルを表示することができる。一般的なZIPファイルはもちろんのこと、パスワード付きのZIPファイルにも対応しているので、PCレスの環境でこれらファイルの中身を確認して相手に返信したり、またほかのアプリと連携してDropboxやEvernoteにファイルを保管したりと、iPhoneでのファイルの取り回しの自由度がグンと高まる。

 ちなみに圧縮ファイルの中身を見る用途としては、著名どころのアプリでは「GoodReader」なども対応しているが、本アプリはエンコーディングでShift-JISなどもサポートしていることから、GoodReaderでよく起こる解凍時のファイル名の文字化けが起こりにくい。受信した圧縮ファイルの内容をPCレスで確認し、そのまますぐに別のスタッフに転送するといった迅速性が要求されるケースでは、本アプリのほうが使い勝手がよいことが多い。

 このほかビューアとしてもさまざまなフォーマットに対応しており(むしろこちらが本来の機能だ)、オフィス文書やPDF、TXT、CSVファイルなどを表示できる。名前を変更したり、フォルダを作って移動させるといったこともできる。またファイルをiPhone上で再度ZIP圧縮することも可能だ。有料のアプリだが、外出先でPCを使わずiPhoneのみでさまざまなファイルをやりとりする人にとっては、1本あるとなにかと重宝するアプリだ。

 一点注意したいのは、本アプリで扱ったファイルは、手動で消さない限りは本アプリ上に残ったままになることだ。そのためアプリを立ち上げると、前回のファイルが残ったままになっていて驚くことがある。通常の利用なら特に問題があるわけではないが、機密性の高い文書を解凍したあとは、元のZIPファイルと解凍後のファイルのそれぞれを手動で削除する癖をつけたほうがよさそうだ。

  • タップして「次の方法で開く...」からDoc folderを選択する。ちなみにこの画面では「"Doc folder"で開く」と表示されているが、これは前回使用したためで、初めて使う場合は表示されていない

  • Doc folderのInboxが表示された。さきほどの添付ファイルが格納されているのでタップして開く

  • 解凍を示すメッセージが表示されるので「OK」を選択。ちなみにアプリは国産で、日本語で記述されているのでわかりやすい

  • 解凍完了。「結果フォルダを選択しますか?」と尋ねられるので「OK」を選択

  • 圧縮されていたxlsファイルが無事解凍できた。ZIPファイル解凍時に起こりがちなファイル名の文字化けもない

  • xlsファイルを表示できた。このほかcsvファイルやテキストファイルなど、ビューアとしても重宝する。テキストファイルのプレビューは文字化けもしにくく重宝する

  • 暗号化ZIPファイルもパスワードを入力して解凍できる

  • 個々のファイルを移動やコピー、リネームできるほか、再度ZIP圧縮することも可能

  • さきほどと同じファイルをGoodReaderでそのまま開いたところ。解凍後にファイル名が文字化けしてしまっている

>>Doc Folderのダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

iPhoneの記事一覧はこちら

-PR-企画特集