logo

記入場所の情報を記録できるメモアプリ「GPSメモ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アプリ名:GPSメモ(Ver.3.0.3)
金額:無料(2012年7月27日時点)
カテゴリ:旅行&地域
開発:Digit applications
使用端末:Xperia acro HD IS12S
おすすめ度:★★★★☆

「GPSメモ」は、手軽に使えるメモアプリだ。いつでもどこでも手軽にメモを取ることができる軽快さに加え、メモを記入した場所がGPSで自動的に記録される機能を備えており、記入場所をあわせて控えておきたい情報を記録するのに向いている。

起動直後の画面。過去のメモデータが表示されている。新たにメモを記入する場合は画面上部の「新規メモ」をタップ
起動直後の画面。過去のメモデータが表示されている。新たにメモを記入する場合は画面上部の「新規メモ」をタップ

 アプリ自体はごく一般的なメモアプリで、起動して新規作成を選択すると白紙のページが表示される。ここにタイトルおよび内容を記入して保存を選択すると、Android端末内にデータが保存される。とくにクラウドと同期されるといったことはない。必要に応じて本文データをエクスポートするという使い方だ。

 GPSを用いた位置データは、メモの保存時に自動的に記録される。保存後にメモを表示すると、画面の下に「どこで記入されたメモか」が、具体的な住所で表示される。地図アプリと連携し、具体的な場所を地図上で表示することも可能だ。

 使い方はさまざまだが、例えば出張先で交通費を記入する用途に使えば、交通機関名や駅名などを書き漏らした際も、あとから容易に追跡ができて便利だろう。このほか、外出先での食事の記録や、ビジネスユースであれば店舗視察時のメモ書きなど、場所が重要なキーになる情報を記録するのに向いている。

 同種の機能を持つEvernoteが競合ということになるが、本サービスでは写真などを添付することができず、クラウドでの同期にも対応していないので、本アプリのほうが全体的な機能としては劣っていることになる。ただしローカルアプリであるがゆえ軽快性において強みがあり、すばやくメモを取りたい用途においては本アプリが有利だ。あくまでもメモ帳の延長ということで、クラウドなどに転送したくない個人的なメモ用途を中心に、適材適所で使い分けるとよさそうだ。

  • 新規メモ作成画面。ここだけ見ると普通のメモアプリだが、保存ボタンが2種類用意されており、GPS情報をつけて保存することができる

  • 「保存(GPS情報付き)」をタップすると位置情報の取得が行われる。ちなみに位置を手動で設定することはできない

  • 位置情報が取得され、画面下部に住所および緯度と経度が表示された。データの保存が完了したため、画面上部に「地図」「編集」「削除」の3つのボタンが表示される

  • 「地図」ボタンをタップすると、位置情報をもとに記入場所がマップ上に表示された

  • オプションから「テキストを全てコピー」を選択すると、位置情報を含むデータがクリップボードへと書き出されるので、ほかのアプリでの再利用も容易だ

>>「GPSメモ」のダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

Androidの記事一覧はこちら

-PR-企画特集