logo

ソニー、スリムで高速なBDプレーヤー2機種を発表--ネット動画に対応も

加納恵 (編集部)2012年07月26日 13時09分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは7月26日、BDプレーヤーにネット機能を強化した新製品2機種「BDP-S590/S190」を発表した。YouTubeやHuluなどのネット動画もこれ1台で視聴できる。発売日と店頭想定価格はS590が10月20日で2万4000円前後、S190が9月1日で1万5000円前後になる。

  • 「BDP-S590」

 いずれもLAN端子を装備し、インターネットに接続すればネット動画などの視聴が可能。コンテンツ配信サービスを手がける「Sony Entertainment Network(SEN)」も利用でき、リモコンにはSEN専用ボタンも設けている。

  • 「BDP-S190」

 上位機となるS590には無線LANを内蔵したほか、別の部屋にあるBDレコーダーにアクセスし、BDレコーダー内のコンテンツをBDプレーヤー経由で視聴できる「ソニールームリンク」にも対応。「Sony Tablet」と組み合わせれば、タブレット内のコンテンツを指先でBDプレーヤー側に送り出す「Throw(スロー)再生」ができる。本体サイズは高さ42mm×幅430mm×奥行き199mmのスリムボディを採用した。

 エントリーモデルのS190は、横幅を従来の430mmから290mmまでコンパクト化した小型モデルだ。高さも43mmとスリムでAVラックの隙間などにも設置しやすい。

 両機種ともに使用時にストレスのない高速起動&高速ローディングを現行機種から継続し採用しているという。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集