logo

アップル、国内でも「OS X Mountain Lion」をリリース--200を超える新機能を搭載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは7月25日、Mac向けOSの最新版「OS X Mountain Lion」をリリースした。価格は1700円。Mac App Storeには公開されたものの、21時40分現在は購入しようとすると「App Store でエラーが発生しました。時間を置いてもう一度お試しください」との表示が発生。その後、何度かトライするうちにダウンロードできるようになった。

編集部で試したところ、このようなエラーが発生した
編集部で試したところ、このようなエラーが発生した

 同OSでは、iOSデバイスとの連係を強化。「iCloud」を通じ、Apple IDでサインインするだけで、Mail、連絡先、カレンダー、メッセージなどをどのデバイスでも最新の状態に保つことができる。また、MacからiOS 5を搭載したiPhone、iPad、iPod touchにテキストメッセージを送ることも可能だ。このほかにも「通知センター」「音声入力」など200を超える新機能が提供される。

OS X Mountain Lionのデスクトップ
OS X Mountain Lionのデスクトップ

 OS X LionはAppleの第3四半期決算会見にて米国時間7月25日午前に発売すると発表しており、リリースが待たれていた。

 なお、インストールするには、OS X v10.6.8以降、2Gバイトのメモリ、8Gバイト以上の空き容量が必要で、Mountain Lionを実行可能なシステムは下記のとおり。

  • iMac(Mid 2007以降)
  • MacBook(Late 2008アルミニウム製、またはEarly 2009以降)
  • MacBook Pro(Mid/Late 2007以降)
  • MacBook Air(Late 2008以降)
  • Mac mini(Early 2009以降)
  • Mac Pro(Early 2008以降)
  • Xserve(Early 2009)

 インストールの前に、使用しているMacがMountain Lionに対応しているかどうかを確認しておこう。デスクトップの左上のアップルマークから「このMacについて」をクリック。さらに「詳しい情報」を見ると使用しているMacのスペックが見られる。なお、インストールするには、最新のSnow Leopardがインストールされていることが条件となる。


デスクトップの左上のアップルマークから「このMacについて」をクリック。さらに「詳しい情報」を見ると使用しているMacのスペックが見られる

◇「Mountain Lion」リリースまでを振り返る

■注目の新機能
絵で見る「Mountain Lion」日本語版の新機能--iOSデバイスとの連係も強化
OS X Mountain Lionが7月に1700円で発売--主要10機能
次期OS X「Mountain Lion」開発者向けプレビュー版--注目の新機能を解説
画像で見る次期OS X「Mountain Lion」の新機能

■正式版リリースまでの道のり
次期OS X「Mountain Lion」のGM版を開発者に公開
「Mountain Lion」開発者向けプレビュー版--注目の新機能を解説
次期OS X「Mountain Lion」を開発者向けに公開

■気になる「Facebook」との統合
「Mountain Lion」へのFacebook統合を2012年秋に提供へ
「iOS 6」へのFacebook統合を明らかに
アップルがFacebookを避ける理由--ユーザーを巻き込んだ両社の関係

■一部の「Mac」はサポートから外れる
次期OS X「Mountain Lion」、一部の64ビット対応「Mac」はサポートせず

■2011年のOS X Lion (10.7)発表時は
「Mac OS X Lion」、米国時間7月20日発売へ--アップル、決算発表会見で明らかに
絵で見る「OS X Lion」日本語版の新機能--約2年ぶりのメジャーアップデート
アップル、国内でも「OS X Lion」をリリース--250を超える新機能を搭載
「MacBook Air」を刷新--Thunderbolt採用で8万4800円から
「Mac mini」を刷新--Thunderbolt搭載で5万2800円から
新登場の27インチ「Apple Thunderbolt Display」--ドッキングステーション機能
Thunderbolt搭載のMacBook Air、Mac miniなど刷新--ディスプレイも登場

-PR-企画特集