logo

ソニー、タッチパネルと10倍ズームを搭載した新「Cyber-shot」

加納恵 (編集部)2012年07月24日 14時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「Cyber-shot DSC-WX170」。ゴールド、ブラック、ホワイト、ピンクの4色展開

 ソニーは7月24日、光学10倍ズームレンズを搭載したデジタルカメラ「Cyber-shot DSC-WX170」を発表した。3.0型のタッチパネルを備える。発売は8月3日。店頭想定価格は3万円前後になる。

  • 3.0型のタッチパネルを採用

 DSC-WX170は、Exmor R CMOS センサを内蔵し、有効1820万画素の静止画撮影が可能。非球面ガラス成型技術を用いた薄型非球面レンズ「AAレンズ」の採用と、部品配置の工夫により、約119gの小型軽量ボディながら、光学10倍のズームレンズを搭載した。独自の全画素超解像技術を使えば解像度を保持したまま約20倍のズームアップができる。

  • 電源オン、オフやシャッターボタンなどを備える

 3.0型のタッチパネルには、約92.1万ドットエクストラファイン液晶を採用。被写体にタッチするとピントが合う「タッチAF」に対応する。

 カメラまかせで撮影ができる独自の「プレミアムおまかせオート」を使えば、従来比約6分の1の低ノイズで、ISO 1万2800相当の高感度撮影も可能。明るい場所では最速約0.13秒、暗所では最速約0.20秒という高速ピント合わせもできる。

 動画撮影は、1080/60iのAVCHDフルハイビジョン撮影をサポート。光学式手ブレ補正(アクティブモード)の搭載により、歩きながらの撮影やズーム撮影時でも手ブレを抑えて撮影できるとしている。

 本体サイズは高さ52.4mm×幅92.3mm×奥行き21.5mmで、重量は約119g。

-PR-企画特集