logo

「kobo Touch」発売前日に楽天三木谷氏が自らアピール--「出だしは順調」

佐藤和也 (編集部)2012年07月18日 20時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 楽天は7月18日、7月19日発売予定の電子書籍端末「kobo Touch」について、東京・丸善丸の内本店にて、代表取締役会長兼社長の三木谷浩史氏自ら店頭プロモーションを行った。

 kobo TouchはE Inkの電子ペーパー「Pearl」ディスプレイを採用し、1台の端末に最大1000冊をダウンロードすることが可能。日本語の縦書きやルビ表示に対応しているほか、Wi-Fi機能を搭載していることで、ワイヤレスでストアに接続できる。価格は7980円。

  • kobo Touch

  • 三木谷浩史氏

 発売ならびにコンテンツの配信を翌日に控え、三木谷氏が報道陣や一般客に向かって挨拶。商品説明では特にデザイン面に関してアピールし「今までの電子書籍にあった堅いイメージを覆すようなカッコいい、あるいはかわいいデザインで、アクセサリーもスタイリッシュにできた」と自信を見せた。続けて「自分たちがハードウェアを作るとは思ってなかったが、今までと違った楽しさや充実感がある。フォントも綺麗だし、機能も日本向けに新しいものをいっぱい入れたので、いいものができたと思うし、みなさんに楽しんで使ってもらえる」と述べた。

 発売に先駆けてプレオーダー(予約)を行っていたが、想定よりも多くのオーダーがあったことを明かし「出だしは順調。明日からはテレビCMを打っていい流れを作りたい」と語った。タイトルに関しても、最終的な報告は受けてないと前置きしながらも「3万弱ぐらいからスタートし、年内には20万タイトルにまで増やしていきたい」と語った。デジタルへのコンバージョンならびに出版社のクオリティチェックを順次行っているようで、1日1000タイトルずつ増やしていくという。そして「カッコよくて機能もいい、タイトルも集まってリリースできることを嬉しく思う。ぜひみなさんに使っていただいて、たくさん本を読んでほしい」とアピールを行った。

  • 丸善CHIホールディングス代表取締役社長の小城武彦氏(左)も応援に駆けつけた

  • 一般客に対して三木谷自ら声をかけ、説明を行ったり感想を聞いていた

-PR-企画特集