logo

FAQ:「Office 2013」--Customer Preview版公開の次期生産性スイートとは - (page 2)

Scott Stein (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2012年07月19日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

--「Google Docs」のように無料でオンライン利用できる部分はあるのか。

 Microsoftは、無料のGoogle Docsに類似した一連のウェブアプリをSkyDrive経由で既に提供している。新しいOfficeを試すには、Customer Preview版にサインアップして、無料で試用することが可能だ。だが、ソフトウェアを購入するとクラウド接続が無料提供され、月額料金は発生しない。Microsoft OfficeにはサブスクリプションベースのクラウドサービスOffice 365もあり、料金は月額4~20ドルとなっている。これには、必要に応じてリモートのPCからアプリケーションをストリームする機能が含まれており、Office 2013をダウンロードして使用する機能も含まれる予定だ。

 デフォルトの状態では、Microsoft Office 2013は文書をSkyDrive経由でクラウドに保存する。設定や辞書、テンプレートも、あらゆるデバイスからクラウドで利用することが可能だ。

--「iOS」との互換性は提供されるのか。

 Office 365はいくつかのウェブブラウザアクセスをサポートしており、それは「iPad」や「iPhone」で動作する。それ以外では、iOS向けのOfficeバージョンは発表されていない。しかし、OneNoteは最終的にiOSだけでなく、「Android」や「Symbian」を搭載した携帯電話でも利用できるようになる予定だ。

--「Mac」版は存在するのか。

 Office 2013のMac版はまだ発表されていないが、Office 365はOfficeのMac版と互換性がある。

--システム要件はどうなっているのか。

 「Windows 7」かWindows 8を搭載したPC、または「Windows RT」タブレットが必要だ。

--タブレットでは、どのように動作するのか。

 Officeの新バージョンはタブレット、さらにはスマートフォンでの使用に対して特に最適化されている。レイアウトは簡素化され、よりタッチフレンドリーになったボタンアイコンが追加されている。Wordではいまだにリボンが残っているものの、煩雑なインターフェースを削除して、より整理されたビューに変えることが可能だ。ほかに追加された機能は、メディア利用および消費に重点を置いている。例えば「Read Mode」では、タブレットで読みやすいように文書が最適化され、本のページをめくるようにして読むことができる。また、文書内で動画を視聴できる。タブレットの内蔵カメラから画像を取得し、リサイズして文書に組み込むことが可能だ。レイアウトはフィンガージェスチャーで変更できる。親指で操作する放射状のボタンスキームも気が利いていて、フォントやカラー、サイズをすぐに調節できる。

--携帯電話では動作するのか。

 Windows携帯電話はSkyDriveを介してOfficeをサポートし、保存された変更点はシームレスに更新される。携帯電話上のOfficeがどれだけ強力なものになるのかは不明だ。

--Skypeはどうか。

 SkypeはMicrosoft Lyncでサポートされ、複数の参加者による動画チャットを行うことができる。また、Office内でもサポートされており、文書作成でのコラボレーションが可能だ。これは、オフィスでの会議に最も大きな影響を及ぼすかもしれない。Perceptive Pixelの80インチスクリーンを使ったデモでは、巨大なインタラクティブホワイトボードを利用してコラボレーションした会議が行われていた。

--Clippy(Officeアシスタントのキャラクター)は復活しているのか。

 Clippyは復活していない。だが、くだけた感じのヘルプ情報が時折ポップアップに表示される。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]