logo

MS、CobyとAluratekとライセンス契約を締結--「Android」「Chrome」搭載製品を対象

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2012年07月10日 12時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは、大手家電ブランド2社であるCoby ElectronicsとAluratekとの間に新たなライセンス契約を結び、自社の特許ポートフォリオからさらなる収益を上げようとしている。

 どちらの契約も対象としているのは、この2社が製造し、Googleの「Android」または「Chrome」プラットフォームを搭載している製品となっている。

 財務面での詳細や金額は公開されていないが、Microsoftは両社からロイヤリティーを受け取る。

 他の詳細もほとんど明らかにされていないが、CobyとAluratekの幹部は、AndroidやChromeを取り巻くIP関連の問題を解決するためのライセンスプログラムに参加できて嬉しい、と述べた。

 Microsoftは2003年12月、IPライセンスプログラムを立ち上げた。以来、同社は、自社の豊富な特許ポートフォリオへのアクセスを認める1100件のライセンス契約をパートナーや競合他社との間で締結している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集