logo

個人間の知識やスキルをワンコインで売買できる「ココナラ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウェルセルフは7月3日、ワンコインでさまざまな仕事を出品・依頼できるサービス「ココナラ」を公開した。

ココナラは、写真をもとに似顔絵を描く、メイクを指導する、占いをするといった簡単な内容の仕事から、個人的な相談や自身の職業ならではの仕事をワンコインで出品したり依頼したりできるサービスだ。

サービスの価格はワンコイン、すなわち500円で統一されている。金額を統一することで、出品者、購入者に気軽に利用しやすくしているという。初期費用や月会費は無料。

自身の技能を生かしたビジネスをおこないたいと考えても、ウェブサイトの作成から決済手段の導入、集客活動などのコストを考えると、ニッチなサービスであればあるほど、単独で提供するのは難しい。ココナラは、どのような技能を生かしたビジネスでもネット上で気軽に提供できるように簡単な出品の仕組みを提供するという。

「『誰かの役に立ちたい」『好きを仕事にしたい」『自分の力を試したい』といった想いを持った個人を応援するサービスを目指す」――ウェルセルフ代表取締役の南章行氏は語る。

出品者と依頼者のやりとりは、当事者のみが閲覧できるページで行われるため、個人的な依頼に対してのプライバシーも保護していると説明する。

ウェルセルフはサービスを公開する前に約1カ月半、約500人のユーザーでクローズドベータ版のサービスを提供していた。その際には、ユーザーから「検索では答えが出ない1人1人にあわせたオーダーメイドの回答がなされ、やり取りに大変満足したとの感想があった」(南氏)という。

今後は、機能改善やスマートフォンなどのマルチデバイス対応などを進める。サービス公開から1年で、月間1万5千件の取引が行われるプラットフォームを目指す。

-PR-企画特集