logo

富士通、“使いやすさ”を進化させたスマホ夏モデル4機種

藤井涼 (編集部)2012年06月28日 18時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通は6月28日、NTTドコモから発売される2012年夏モデルのスマートフォン4機種を紹介した。会場にはスマートフォンブランド「ARROWS」のCMキャラクターを務めるダンス・ボーカルユニット「EXILE」のメンバーも駆け付けた。

  • 「ARROWS」のCMキャラクターを務めるEXILEのメンバー

 夏モデルとして発売されるのは、クアッドコアCPUを搭載しXiにも対応したハイスペック防水スマートフォン「ARROWS X F-10D」、大画面かつ高精細なディスプレイを搭載し、XiとNOTTVに対応した「REGZA Phone T-02D」、ライトユーザー向けのコンパクトスマートフォン「ARROWS Me F-11D」、上質でエレガントなデザインが印象的なANTEPRIMAコラボモデル「F-09D ANTEPRIMA」の4機種。

 富士通では、見やすさや話しやすさ、操作しやすさといった利用者の“使いやすさ”を追求した独自の「ヒューマンセントリックテクノロジー」を、すべてのスマートフォンに展開しており、夏モデルではこれらの機能をさらに進化させている。

 たとえば、傾きや揺れを感知して、スマートフォンを手に持っている間は画面を消灯しない「持ってる間ON」機能や、寝転がった際に画面の向きが変わっても、2回振るだけで元に戻せる「戻ってシェイク」、本体背面に搭載されたセンサーをなぞってロックを解除できる「スマート指紋センサー」などを搭載している。

  • NTTドコモ向けの夏モデル4機種

  • スマートフォンの開発方針

  • 進化したヒューマンセントリックテクノロジー

 記者発表会の冒頭で挨拶した、富士通代表取締役副社長の佐相秀幸氏は、「富士通は人間活動を中心としたビジョンをもって、ヒューマンセントリック・インテリジェントソサエティという概念の中で、PCやスマートフォン事業を進めている。昨年秋にはARROWSというスマートフォンの新ブランドを発表したが、MM総研のメーカー別シェアの調査では2011年度はトップをいただいた」と胸を張る。

  • 富士通代表取締役副社長の佐相秀幸氏

 また夏モデルについては、「NTTドコモは方針として自前のサービスを提供していくと表明している。具体的にはiPhoneは導入しないということ。そのなかで、今回の(富士通の)夏モデルは、そういう期待に応えるべくいろいろな機能やサービスを入れている。スーパーコンピューターなどを含めた富士通のテクノロジーがぎゅっと押し込められている」とアピールした。

 夏モデルのハイスペックモデルに位置するARROWS Xには、NVIDIAのクアッドコアCPU「Tegra 3」を採用。さらに12コアのNVIDIA GeForce GPUを組み込んでいる。

 発表会に出席した、NVIDIA日本代表 兼 米国本社副社長のスティーブ・ファニー・ハウ氏は、両社がこれまでPCやサーバなどさまざまな分野で協業してきたと説明。「今回はそのパートナーシップの延長線上で、初めてTegra 3を搭載したスマートフォンの日本への導入を発表することになった」と喜びを語り、今後も富士通との協力関係を強めていく意向を示した。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]