logo

「Google+」アプリ、「Android」および「iOS」タブレット版を追加

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 長谷睦2012年06月28日 10時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サンフランシスコ発--「Google+」はこれまで、ウェブブラウザあるいは携帯電話向けのアプリケーションを通じての利用に限られていたが、Googleは米国時間6月27日、同アプリの「Android」および「iOS」搭載タブレット向けバージョンを発表した。

 このアプリは現在のスマートフォン版と同様に写真を中心とした外観が特徴で、ユーザーは自分のストリームに投稿された写真を左右にスライドして確認できる。タブレット版ではGoogle+上で人気の高い写真をより大きく表示する、とGoogleでシニアバイスプレジデントを務めるVic Gundotra氏は27日、当地で開催中のカンファレンスGoogle I/O 2012の基調講演で述べた。

 「ストリームを一定のスタイルで表示することで、重要な写真を目立たせつつ、全体に非常に簡単に目を通すことができる」と、Gundotra氏は述べた。このアプリはビデオ会議機能「Hangout」も搭載しており、デスクトップ版に類似したアプローチを採用している。画面の下側には複数のユーザーが縮小表示され、メインビューには話している人が表示される。

 その他の変更も行われる予定で、画面左、Google+アクション一覧の下に表示される新たな通知領域もその1つだ。新機能はAndroidスマートフォン向けアプリでも登場すると、Gundotra氏は付け加えた。

 Google+は利用が拡大しており、Google自体にとってもモバイルは重要な要素だ。Gundotra氏によると、「今ではデスクトップからよりもモバイルからGoogle+を利用しているユーザーの方が多い」という。

 Gundotra氏によれば、Google+の月間アクティブユーザー数は現在1億5000万人で、このうち半数以上が毎日サインインしているとのことだ。これらのユーザーがGoogle+のストリームで過ごす時間は1日あたり平均12分だという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]