logo

日産“ワクワク”するための新プロジェクト始動--ソーシャルメディアを活用

加納恵 (編集部)2012年06月27日 17時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日産自動車は6月27日、独自に実施した「日本人のワクワクに関する調査」結果を発表した。「10年前と比べてワクワクが減った人」約5割という結果を受け、ソーシャルメディアを活用した新プロジェクトを始動する。

 このほか「クルマにワクワクしていない」と回答した人61.1%、「普段の生活の中でワクワクする」と回答した人56.3%などの調査結果が得られたという。

 その中で、ワクワクを誰かに伝えたい時に思わずとってしまう行動として「ソーシャルメディアで発信する」という回答が10~20代で顕著に現れたとのこと。

 これを受け日産自動車では、ソーシャルメディアを活用し、生活者との対話を重視しながらいっしょに「ワクワク」を作っていくプロジェクトをスタートする。今までの日産のコミュニケーションとは異なり、編集長には外部から著名人を採用するとのこと。編集長、プロジェクトの詳細は6月28日のイベントにて発表される。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]