logo

Twitter、広告事業を50カ国で展開へ

Donna Tam (CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年06月22日 10時39分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 The Guardianが英国時間6月21日に報じたところによると、海外で成長を続けるTwitterは2012年、50カ国で広告サービスを開始する意向だという。

 最高経営責任者(CEO)のDick Costolo氏は、フランスのカンヌで開催された広告業界のカンファレンスで、Twitterのモバイル事業戦略の拡大に関する概要を説明した。広告製品「プロモツイート」「プロモトレンド」「プロモアカウント」を擁して最初にアクセスする市場は、ブラジルを含む中南米、スペインやドイツを含む欧州諸国になる予定だ。

 ほかのソーシャルメディアおよびインターネット企業はモバイルプラットフォーム上で売り上げを得るのに苦労しているが(Facebookはこの点に関して激しく非難されている)、Twitterはその変化を歓迎していると述べた。

 Twitterのグローバル収益担当プレジデントであるAdam Bain氏によると、同社は「生まれながらにしてモバイル」であり、ツイートから売り上げを得ることには苦労していないという。

 会長のJack Dorsey氏は、記者会見でTwitterの次の施策について質問を受け、同社は「ペース配分のことをよく理解」しており、株式上場や身売りについて適切な決定を下せるだけの「自制心を持って」いる、と述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集