logo

米国Facebookでの偽の公式警告メッセージにマカフィーが注意を呼びかけ

佐藤和也 (編集部)2012年06月21日 16時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マカフィーは6月21日、米国マカフィーのBlog Centralから話題の脅威やセキュリティ動向などの抄訳を含んだ内容を公開している「McAfee Blog」の同日付エントリーにて、「悪質なアプリケーションから送付される、偽のFacebook警告メッセージ」と題した、不正なアプリケーションの情報を公開した。

 このアプリケーションは、友達を通して公式なFacebook認証チームを騙ったメッセージを送信してくるというもの。メッセージでは著作権保護法案(SOPA ACT)のため、ユーザーが認証を受ける必要があり、認証を受けなければアカウントが削除されると偽り、不正なページへユーザーを誘導。不正なページでは、ユーザーはアンケートへ回答させられるほか、同様の案内を友達へと送信され、最終的に怪しい動画へと誘導されるというもの。

 これらのアンケートは、サイバー犯罪者の金儲けに利用されているほか、動画の再生回数は、6月上旬で62万7000回にのぼりるという。また、この偽アプリケーションが長期間に渡ってFacebook上に存在し、この動画が別のFacebook詐欺にも利用されている可能性があるとしている。

 今回の偽アプリケーションはFacebookの公式チームによって既に発見され、完全に削除されているとのことだが、マカフィーでは、他にもこういった類の偽アプリケーションが数多く存在しているのではないかと推測している。

  • 偽の申請に従って操作を進めていくと、偽アプリケーションから基本承認を求められ、承認してしまうと、ユーザーはマルウェアによって、このアプリケーションのホームページへと誘導。ホームページでは偽の警告メッセージが表示される。

  • ユーザーは、アカウント認証のために一連のステップを実行するように促される。

  • 誘導された動画のユーザーコメント。詐欺の被害にあったユーザーが自分のFacebookアカウントについて心配し、助けを求めているコメントが記載されている。

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集