logo

再設計された「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」

坂本純子 (編集部)2012年06月15日 10時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アップルは6月14日、新MacBook AirMacBook Proの発表を受けて、国内向けに説明会を開催した。

  • アップルストア銀座には、巨大なMacBook Proのディスプレイが登場

 いずれもより高速なプロセッサ、グラフィックス、メモリ、フラッシュストレージに加え、新たにUSB 3.0を搭載。MacBook Airは見た目は変わらないものの、最新のIntel Coreプロセッサを搭載し、前モデルよりも最大2倍高速なSSDを搭載したという。

 スペックアップしながらも、バッテリ時間は前モデルと同等(11インチ:最大5時間、13インチ:最大7時間)をキープ。11インチモデルで8万4800円~という価格は変えず、さらにハイエンドモデルは11インチモデルで8000円、13インチモデルは1万円値下げした。

Retinaディスプレイは「これまで作った中でベストなもの」

  • 展示されているMacの中でも、MacBook Pro Retinaディスプレイモデルは注目を集めていた

 今回の目玉は、やはりMacBook Pro Retinaディスプレイモデルだろう。アップルは、「プロフェッショナルのノートブックとして、将来なにが必要なのか。よりポータブルに、劇的に薄くし、ブレークスルーディスプレイを使うことを考えなければならなかった。レガシーの技術を断ち切り、RetinaディスプレイをMacBook Proに持って来たのは、これまで作った中でもっともベストなものだから」と背景を説明した。

 MacBook Pro Retinaディスプレイモデルは厚さ約1.8cmで、最厚部1.7cmのMacBook Airと比べて1mmしか変わらない。また、Retinaモデルでない15インチのMacBook Proよりも0.5Kg軽くなっている。また、バッテリ駆動時間も最大7時間で、従来製品と変わらない。

 ディスプレイサイズは15.4インチながらも、解像度は2880×1800ピクセル。フルHDテレビ(1920×1080)と比較して「世界最高解像度のディスプレイ」と自信を見せる。

  • 画面の反射を75%下げたRetinaディスプレイ。真正面から撮っても、人やカメラの映り込みが少ないのが分かる

 「解像度や画素だけでなく、ディスプレイ全体をリエンジニアリング(再設計)することで、(前モデルと比較して)画面の反射を75%下げることができた。コントラストは29%アップし、178度の視野角を持つ。新しいRetinaディスプレイを感じていただきたい。メールのテキストが印刷されたもののように見える」とアピールした。

 アップルによれば、パーツの設計や組み立てなどを見直し、その1つとしてファンの形も設計し直したという。MacBook Pro Retinaディスプレイモデルは非対称のブレードを配置。通常のファンは高周波を発生させるが、非対称にすることで複数の周波数に音を分散させ、心地よいものになるとした。

  • より薄くするため、電源アダプタには新たに「Magsafe 2」に採用したという。最新のMacBook Airも変更されている

  • MagSafe 2(左)は、従来のMagSafe(右)と形が異なる。「MagSafe-MagSafe 2コンバータ」(980円)も販売されている

  • 今回のモデルでは、ディスプレイの中央に「MacBook Pro」のロゴがなくなっている。「より画面に集中できるようにするため」という

  • ロゴは、裏面へ

  • キーボードの側面にはスピーカ

  • 通気口は両側面にある

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集